いつかその日が来ると思ってたけど・・・

今日は母のK放射線外科の日だった

診察に行っている間に、今度は手術してもらったK大学病院の脳神経外科から電話があった。

『えっ、ひょっとして、なんか問題でもあった?』

・・・・と思ったら、

なんと、主治医のH先生が転任だったか退官だったかされるらしい・・・・

えぇーっ!!!、いつかその日がやってくるだろう・・・・とは思ってたけど、ついにやってきてしまった。

それで、12月か1月にはまだ予約で入れるからという事で、
わざわざ予約センターから事務員さんが電話してくれたようだった。

私「それはいかないかんですね!」←私が診察に行くのではないのだが・・・・

なんといっても、主治医がH先生じゃなかったら、私は色々な面で納得してはいなかったと思うし

入院中も本当によくしてもらったと思う。

なんでも、なんでも、なんでも先生には言えるのね。

ちょっとどこにでもはいない先生で、だからなるべくずっとあの場所にいて欲しいと願っていたけど

そういう訳にもいかない訳で・・・・

残念だけど、仕方がない。

私「じゃあ、今度はどの先生になりますか?Y先生ですか?執刀してもらったから、Y先生ですか?」

予約センターKさんも困っている・・・・

どの先生になるかは、まだ分からないとの事。

ワタシ自分が患者でもないのに、また暴走す、、、、

私「H先生はどこに行かれるのですか?」←追いかけて行くきなのか?

予約センターKさん「県外という事は聞いていますが、それは先生の方からお話があるかと思います。」

そうか、県外か、じゃあやっぱりムリだねぇ・・・・

母よ、もう今後はH先生には会えそうには無い・・・・
残念ながら1年に1回の七夕診察は無しだ・・・・

今後は思い出に浸るしかない・・・

これまで、ずっと影ながら気にかけてもらった事には『感謝』しかない

今の私は自分軸が無かった頃や無知だった頃と違って、

色んな事を覚めたというか冷えた目でしか見つめないところがあるから

あの場所で、あのチームというかファミリーのようなチームに出会えた事にもある種の運命の不思議ささえも感じたんだよね。

だからたぶん入院中ずっと良い時間を与えられていたのだと思う。

あの場所で自分を取り戻す時間を与えられた。

私と母の思い出は、あの入院中の日々に全て詰め込まれているといっても過言ではないと思う。


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、プラナロムやエルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

●ティッシュソルトご購入はこちらから→Sunny remedy

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する