FC2ブログ

還ってきたアーサー王



私も実際に読んだ事はないけれどケルトの神話を起源にしたと言われるアーサー王の話は、

多くのファンタジーのモチーフとなった物語で

ロードオブザリング、ゲームのドラクエ、ファイナルファンタジー他様々な芸術に影響を与えた。

バッチ博士が病気で実家のウェールズに帰ってから、

フラワーエッセンスを見出す事になるのだけど

イギリスのウェールズはケルトが多く移民していた場所でもあり
プリンスオブウェールズの称号もある場所で、王の帰還と深い関係にある

この王の帰還は、

結局のところ、

スピリチュアルジャーニーな見方をすると、

自分自身に還るとか自分に主権(力)を取り戻すという意味のことだと思う

だとすれば、

ケルトの魂にいざなわれたというバッチ博士のフラワーエッセンスも
ケルトの樹木を使ったジェモセラピーもいつでも王が還ってくるのを静かに傍らで見守っている

今から6年前、私の目の前に、ホメオパシーではなく、
(あっ、もちろん私はホメオパシーもやっていた訳だけど)

2つの道が再び現れた

それが、フラワーエッセンスとジェモセラピーで

2つの道のうちの1つであるフラワーエッセンスの道を歩む事になり、
そして遠ざかりつつあった香り=アロマテラピーにもいざなわれた

いずれも、いずれも、ケルトと深い関係にあるという事は、最初には、まだ気づいてはいない・・・・

エターナル→エリクシール→エッセンス

全ては『永遠』に繋がっている

ケルトは文字を持たなかった為、謎に満ちているといわれる
(バッチ博士も、その先祖のスピリットのおかげで、多くを破棄してしまった=伝えようとしなかったかもしれない・・・)

しかし、その謎の中にこそ、叡智は満ちていると思う

太陽と月の間で

再びあの時死んだと思われていた王が還ってくるのを静かに待っている


■お知らせ

お待たせしておりましたナチュラサンテを新しくオープンしました。

こちらをクリックして下さい

ナチュラサンテ

こちらからはフランスの自然療法という事で、エルブエトラディッション精油やアルジレッツクレイ、ジェモセラピーやマザーチンキをお届けします。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*. *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....

*再リニューアルのフラワーエッセンス日記とアロマテラピー日記

セルフヒールス通信

オレンジリーフアロマ便り


■お知らせ



★自然療法ナチュラルページでは、
英国よりアロマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーやティッシュソルトなどの個人輸入代行を致しております。


只今のところ未着は1件も起こっておりません。

*またメールの返信は一両日中に行っておりますが、
届かない場合は今一度迷惑フォルダに振り分けられていないかをご確認下さい。
メールが返信されない場合、お問い合わせからお知らせ頂けると助かります。


●英国エインズワース社レメディキットやフラワーエッセンスご購入はこちら→フラワーエッセンスの森

●アロマエッセンシャルオイルKOBASHIのご購入はこちらから→オレンジリーフアロマショップ

●世界のフラワーエッセンスご購入はこちら→セルフヒールス

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する