指輪ものがたり




ロードオブザリングこと指輪物語

指輪物語に関しては、その後多くの作品に影響を与えたといいます
ここからエッセンスや、ヒントを得た作品がたくさんあるということ

RPGで爆発的に売れた、
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーもここがベースらしいし

あの宮崎駿監督が心を寄せたゲド戦記もここがベースにあるという
ちなみにお子様に大人気のハリーポッターも、よく似ていますしね

このあたりは、今の世代に生きている人の多くが影響を受けたものですよね 

ホメオパシーのことなんて

「ゲームとDVDに夢中なんで、うっせーぞ!」とか何とか言ってる男児でも

おおよそ、どこかでホメオパシー的世界観の
影響を知らず知らずには受けているんですよね。。。

だから結局

別にホメオパシーとか知らなくても取り入れなくても信じなくても

その世界感は、多少なりとも既に取り入れているわけです

そして、この物語に描かれているのは地球(中つ国)を舞台にした冒険です

これは外の世界を旅しているように描かれていますが
内面を舞台にした壮大な冒険を象徴的に表しています

物語の中のドワーフを観た時、
これは賢いサルファ(硫黄からできるレメディ像)を見たような気がしました

エルフを観た時、知性に充ち溢れ社交性のある美形を伴った、
フォスフォラス(リンからできるレメディ)を見たような気になりました

賢者で魔法使いのガンダルフは長いキャリアを経た経験豊富なホメオパスに見えました

冥王、サウロンはこれは人間の中に住まう存在のマヤズム

ことサウロンは、人類史上最初に人間が引き入れたというマヤズムの
プソラの姿によく似ているのです

ホメオパシーの祖
ハーネマンの著書オーガノンでもプソラは発現の仕方や形態がきわめて様々で
何千もの頭をもつ怪物のような病気というような表現もされています

ようするにこの世界には数千の病名がありますが、

まさにその数千の病名のもととなった原点のようなものがマヤズムです

主人公の小人族のホビットに陰のようにして寄り添う存在のゴラム
ここにそそのかしと、嘘や虚言の傾向、
そして自身を守りたいという切なる願いをもった人間の弱さの淋病性マヤズムを見ました

舞台の中にある数々の戦いは梅毒性マヤズムを象徴しています

指輪の魔力は本当に強いものです
(指輪は権力や誘惑、持ち物を象徴しています)

それを自ら投げ込む日まで、旅を続けるのが人生の道なんだろうと思います

旅の途中では色んなことがあります

その中で、気づきをえながら、みなそれぞれの成長物語を辿るのです

時代的にもこれほど
日本にホメオパシーのエッセンスが入ったことはなかったと思います

既に扉は開かれました

これから、その旅をレメディや自然療法達がサポートしてくれると思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する