カラーのリラックス効果



調べてみたら
自然療法のハーブ療法、アロマセラピー、フラワーレメディ、オーラソーマ共に
ホメオパシーと深い関わり合いにある療法でした

オーラソーマは
その色から何かを感じることができるということも魅力だと思います

ヨーロッパでは、カラーフィルターなどによって色光線をあてたりして、
体の新陳代謝を高めたりなんてそんなことを普通にっていうか、
ごく自然にそんな方法もセラピーの1つとして取り入れられていることも以前は全く知りませんでした

確かに日本の病院で皮膚科に通っていた時にはあれは赤外線ですかね~?
なんかそういったものをあてられて治療をした覚えはあるんですよね・・・

色のちからもあなどれないですね

色って結局は光の波長のようで、
1つの色は1つの決まった波長をもっているそうです

オーラソーマの本を読んでいたら
プライマリーカラー、
イエロー、ブルー、レッドこの原色3色が全ての色をつくると書いてありました

なるほど~

ようするにこの地球世界で、見てみると

イエローは光を表し、ブルーは深い海、
そしてレッドは、地球の中身溶岩系の赤ですよね~

この3色から色が生まれているっていうのも、分からないでもないです

以前にも書いたんですけど、2月から
ワタシは今オーラソーマの10番の行って木を抱きなさいのグリーンと

オーラソーマポマンダーのエメラルドグリーンを使っています

ポマンダーには49種類のハーブと
鉱石のエネルギーや香りが入っており体の表面3~5cmの電磁場に
働きかけるそうです

どちらも夜寝る前に使っているんですが、
これを使いだしてから、なんかよく眠れる気がするのです

グリーンの色はブルーとイエローの組み合わせでできます

イエローの光線と深い海のブルーから大地のグリーンが出来上がった

そのグリーンは人をリラックスさせてくれます

部屋の中に緑が少しあるだけで、癒された気持にもなりますしね

オーラソーマボトルのグリーンのリラックス効果が
眠気を誘うのかなんか分かりませんが、これを使うと緩む気がするから不思議なんです

緑は大地と空の中間にあって、
空にも大地にも向って開いているのでバランスの色とも言われているようです

だから心臓と深い結びつきがある、
そのあたりのチャクラの色でもあります

ホメオパシーでもグリーンの色をしたエメラルドのレメディがありますが
やっぱり心臓や心に働きかけをするレメディですもんね

もう10番のビンの中身は空っぽになりそうです
1番ボトル同様なかなかグリーンも気に入りました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する