生きかえった赤ちゃん

最近皆さま方のブログへのご訪問、
コメントなど遅れてきてしまっていて本当にすいません(汗)

また落ち着いたら、伺わせていただきますので、よろしくお願いします

一昨日のことですが、出産予定日あと数日に迫っていた母牛に緊急事態が発生しました

ちょうど牛舎の掃除をして、
ふとみた瞬間ぼとぼとと鮮血を陰部から出しだしたんです

父はその時もいませんでした

それを見たワタシはかなりうろたえまして、流産の可能性が頭をよぎりました

こういった鮮血が出産前に出るということは、今までなかったからです

いつもなら出産予定日を過ぎた母牛に、レスキューレメディを投与しておけば
だいたいスムーズに産んでくれていたのですが・・・・

今回は予定日前には迫っているものの、いきなり流血

三産目ということで、ワタシも少し安心していたのがよくなかったな・・・と思いました

それでうろたえながらも、

とっさにバッチフラワーレメディのレスキューレメディとアーニカ30Cの
水ポテンシーをワンコの為につくっておいたものを、取りに行って

飲み水に入れておきました

そしてすぐに、母牛の鼻先にこの水ポテンシーを数回滴下しておきました

お母さん牛も大人しくそれを受けてくれたから良かった

その後、もう1回別にレスキューレメディとアーニカの200Cで水ポテンシーをつくり

鼻先に滴下しておきました

母牛はその間、やっぱり出血してから、落ち着きなくわさわさはじめました

前足で、お腹をかく様子や前足で地を蹴る様子をみせはじめ

お尻を、板きれにすりすりはじめました

やっぱり、これはお腹に異変が起こっているからですよね

う~ん、早く父が帰ってこないかなと待っている間に

アーニカのおかげか、その後大きな出血は見られなくなりました
(ここで、ちょっと安心しましたが・・・)

そうこうしているうちに父が戻ってきたので、伝えると

こういうことはそうあることではないので、
ワタシと同じく流産をしている可能性を考えたようでした

そこで、獣医さんに連絡

その間、母牛のお腹の様子をみると、
赤ちゃんが暴れている様子も分かりました

よかった子牛はお腹の中で生きていると思いました

こられて触診し見られると、まだ繋がっているとのこと

そこで、ちょっとワタシはう~ん・・・っていうところですが、
そんなことは緊急事態ですから言っておられないですよね

ちょっと早めに出そうということで

陣痛促進剤を打たれることとなりました

その後、また飲み水にアーニカの200Cとレスキューレメディを入れておきました

しばらくして様子をみると、母牛は何事もなかったように、普通にしていました

食欲も旺盛です

陣痛促進剤の効果は24時間ぐらいの間に効いてくるだろうとのことで

今のところ、大丈夫そうに見えるけど

薬剤を使っているので、難産の傾向があるかな~と思い
カーボベージ(植物の炭からできるレメディ)30Cとレスキューレメディの

水ポテンシーを夜に飲み水に入れておきました

次の日の早朝あたりに母牛は産気づきはじめました

母牛はうんうん唸りだいぶ時間がかかっており、ついに父が引き出すことになりました

ワタシもそばにいたのですが、引き出す時はけっこうスムーズに引き出されました

ところがです、父がおい!!おい!!と言い始めました

父のおい!!がはじまった場合は、これまた緊急事態の時で、危ない時です

ようするに仮死に近い状態で生まれてきており、伸びきってしまっていました

あぁ、これはマズイ

「お父さん、呼吸が浅いとね!!」

「うん・・・・」(父ちょっとあきらめの瞬間が見えた)

タオルで拭いてバタバタさせてるけど

あぁ、やっぱり無理して産まれてきてるからだ・・・と思って
昨日つくっておいた2つのビンを持って

即座に、「お父さん、生きかえるけん!!」といって、
まずカーボベージ30C&レスキューレメディを鼻先に垂らし

そして父もダメだとなかばあきらめていたのか、
いつもは嫌がりそうなホメオパシーを投与するため、子牛の口を開けてくれた

「生きかえるけん」(なんの保証もなかったけど、ワタシ無我夢中)

次に、アーニカ200C&レスキューレメディの水ポテンシーを投与

すると、なんと生きかえった!!

本当に伸びきって、無理かと思われるほどの、ぐったりした子牛の顔が上がった

スゴイぞ、ホメオパシー(感動。。。)

さすが死人を生き返らせるとまで言われたレメディ、カーボベージ

本当にそれを目の当たりにした瞬間でした

やっぱりこういう時に、生命の力ですね、ここに感動を覚えます

出産の時、もしくは命に危険がある時、この3つは用意しておくといいですね

アーニカ(うさぎ菊からできるレメディ)
カーボベージ(植物の炭からできるレメディ)
そしてバッチフラワーレメディのレスキューレメディです

カーボベージは呼吸をさせるレメディです
植物の炭ようするに木炭からできているレメディですが、木炭は黒いですよね

だから死体を生き返らせることができるのかもしれません

生命が命を失う時にはどんどんど暗っぽくなっていきますが、だから同種で
黒には黒をもってくると、再び光を取り戻すものなのかもしれません

アーニカもこういった母牛の子宮内出血や、
子牛がバタバタとお腹の中でパニックになって母牛も動揺するような場合も良かったですし、
生まれてから、生命力が弱い感じがある時にもいいですね

そしてバッチのレスキューレメディ
これは言葉をしゃべれない動物関係の時には特に欠かせません

はぁ~、でもよかったです、自分にできることがあって・・・

母牛は後産の胎盤がなかなか出てこないので、
やっぱり陣促つかってるので無理したからでしょうね

胎盤剥離の為のセケーリー200C(麦角からできるレメディ)を
さっき水ポテンシーで投与しておきました

ちなみに子牛は仮死していたとは思えないほど、元気です

また次に出産の母牛が控えてます

ワタシの腰も足も只今レスキュー状態で、
色んなことはやってますがやっぱり無理したのかな・・・足を引きずりずりしながらです(汗)

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

スゴイ!!!

こんにちは。
いつも楽しみに拝見させていただいてます。

子牛ちゃん・・・助かってよかったですね!!
ほんと、ホメオパシーってすごい!!
レスキューもすごい威力ですね。

カーボベジ・・・「ラザロ」とも呼ばれてるレメディですよね。
聖書にある、イエスが蘇らせた死者ラザロにちなんでの俗称なのだとか、本で読んだ記憶があります。
私自身はまだ一度もカーボベジを使ったことがないんですけど、

> 生命が命を失う時にはどんどんど暗っぽくなっていきますが、だから同種で黒には黒をもってくると、再び光を取り戻すものなのかもしれません

というくだりに、な~るほど・・・と感じました。
カーボベジでちょっと思っていたのはね。
友人に、パニック障害をもつ人が数名いるんですけど、よく発作を起こすといわゆる過呼吸になったり、とにかく息が出来ない状態に陥るんですよね。
そういう時にも、もしかしたら効くのかな??なんて。
過呼吸だとまたちょっと違うのかな??
でもカーボベジとレスキューの水ポテンシーは持ってて損はなさそうですよね。
今度、作ってあげようかな(^^;)

2009/04/12 (Sun) 14:49 | sterntaler #wYAyu/Y2 | URL | 編集
sterntalerさんへ

sterntalerさん、いつも読んでくださってありがとうです♪

子牛が助かって本当に良かったな~と思って
ワタシもはじめてカーボベージの経験に遭遇して、驚きました

生命と深い結びつきのあるレメディ達
こういう経験をするたびに、生命の神秘を感じます

そうなんですね~、ラザロの俗称は初耳でした
でもそのお話も納得できるぐらい、スゴイ威力でしたよ!
もう顔も体もぐったりしていたんですから・・・

でもそんな事が嘘だったかのように、
今日も思いっきりぴょんぴょん飛び跳ねています
乳の飲みっぷりも1人前です(笑)

それとパニック発作症にもこのレメディは選択肢の1つとして
あげられると思いますョ

そうパニック発作症は息出来なくなるんですよ
ワタシもなったことあるんで、わかります
パニック発作症も色んな理由でそうなる可能性があるので
レメディの選択も実際には、かなり広範になる気がしますが

それでもこのレメディもヒットする可能性はあると思います

2009/04/13 (Mon) 13:56 | orengewood #- | URL | 編集

大変遅れましたが
本当に良かったですね!

ところどころに出てくる会話が一層緊迫感を誘ってドキドキでしたよ。
それにそちらの方言が私にはとても新鮮な響きで
まるでドキュメンタリー映画を観ているかのようでした。

ホメオパシー、やっぱり凄いですね。

orengewoodさん、お疲れ様でした。

2009/04/16 (Thu) 11:26 | UCHICA #- | URL | 編集
UCHICAさんへ

UCHICAさん、ありがとうございます~♪
本当にどちらも元気にしているので、嬉しいですね

そうこのあたりの方言丸出しでございました(笑)
やっぱり生命力って本当にスゴイんだって思いました

レメディの作用、レメディそのものがもっている生命力

そして赤ちゃんの生命力、お母さんの生命力

全てが循環しており、
それを感じさえすればオールOKっていうことを改めて経験して分かったような気がしました

本当にホメオパシーの世界は深いと思いましたよ

今日もまた新しい命が我が家にやってきたんです
(今日ゆっくり寝れそうです:笑)

2009/04/16 (Thu) 19:01 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する