ファミリーって

最近!?(いや昔からか・・・)すったもんだのorengewood家です

orengeファミリーはとにかくワタシの手を焼かせます
以前はこのファミリーの血を引くだけにアタクシも相当皆に手を焼かせましたが

ホメオパシー治療後だいぶ頭も冷静になったアタクシは
色んなこの家族の性質というのが客観的に分かってきました

そこで家族のみなさんにも是非ホメオパシーの世界を知ってもらって

自らの事は自らで解決できるよう

まぁ、そういった考え方になれるよう願っているのですが・・・

この方達は、田舎の人っていうのもあるけど、なんか色々面倒臭いのか

なかなかワタクシの言い聞かせぐらいでは、どうにもなりません

それで自分たちに不調があってもレメディを積極的に取ろうとはしないのです

まぁ、こんなタイプの人たちはきっと放っておくしかないのですが

ところが同じ家に住んでますと

色々色々言うんです

もぉ~、自分で何もやりもしないのに、症状が起こった時に色々言ったってしょうがないでしょう!!

いい加減にしてくれぇ~~~~~~~って感じです

母は2日前田植えの最中に川の石に2メートルぐらい上からツルーンと滑って落ちたらしい

(ハイ、こんな時はアーニカがあるじゃないか!!)

でもやらない、しょうがないじゃない

そして、その後田んぼの中でも転んでうずくまっていたらしい

「今日はさんりんぼう」とつぶやいた母

父は父で、また出たよ、「俺は皮膚ガンになった」説

またその話か・・・・?

ハァ~っ

「足は切らんといかんばい・・・」

「ちょっと、お父さん見せて」とチラッと見て、「お父さんこれ大丈夫」っていっても納得しない父

(もぉ~、これぐらいだったら、カレンデュラとかあと他のレメディで治癒するわ)

・・・と思うけど、それやらないって言うから仕方ない

祖母は祖母で、目が痛い病!?

「目が痛い、両眼がガンになったバイ」

出た、またそれか

なんなんだ親子揃って本当に疲れるよ

この人達、疲れます

アーセニカム一家は、こうなんですよ・・・・

もぉ~、弟が亡くなってから、年中こんなこと何回も

その度に父「もうヤル気なくした」の言葉と共に、いつのまにかどこかに逃亡、山か?

もぉ~、ちょっとちょっと、ヤル気なくしてもしょうがないでしょう?

アナタがやれなくなったら、そこで終わりなんだよ

もっとちゃんとやってくれよ~(orengewood心の叫び)

なんなんだ、心が子供のまま成長した家族よ

お願いだ・・・・・、目を覚ましてくれぇーーーーーーーーーーーっ

さて、なかなかレメディを投与したそうにはなかった祖母ですが

その外見的な症状から、瞼に腫れが見られるので

ハチに刺されたようにツヤツヤとして赤くぷっくりと腫れるの症状像をもった

エイピス(ミツバチからできるレメディ)を水ポテンシーで投与しました

すると次の日好転反応でさらに腫れてきまして、また1粒夜寝る前に舌下に投与しておきました

今日は、随分腫れが引いてきました

父は本日病院に行って、ただの化膿と分かり安心したようです

なんなんだ、昨日までの派手な落ち込みようは・・・

「お父さん、だから言ったでしょう、そこを触るからいけないんだよ」

本日からお風呂に、カレンデュラのチンキをこっそり入れておくことにします(苦笑)

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

スゴイと思います

こんにちは。お腹の方もだいぶ良くなられた様で安心しました^^
ご家族の方も何だかんだ言ってホメオパシーを取り入れるのは時間の問題かもしれませんし・・・
啓蒙活動頑張ってください!^^

orengewoodさんの文章ではご家族とのドタバタがコミカルに綴られていて読んでいる方は思わず笑ってしまうのですが

私は親とは今は距離を置きたいという思いが強いので
ご家族のお話のときはorengewoodさんを自分と重ね合わせて見てしまいがちです^^;
私だったら耐えられるのかな~ みたいな(汗)
すいません、失礼なことを言って。。よそのおうちの事なのに・・・勝手に自分を投影して、いつもスゴイな~と感じているのです。。


私もそのうちorengewoodさんのようになれるかな?
分かってもらえなくても共感できなくても
傷付いたり逃げたりせずに普通に接することができる日がくるのでしょうか・・・^^;
今は望んでないんですけどね(爆)

ご家族のケガがレメディーで早く癒されるといいですね

2009/06/11 (Thu) 16:13 | rena #- | URL | 編集
renaさんへ

renaさん、お腹の方ご心配いただきありがとうございました♪
ホメのおかげで、回復いたしました

もうね~、我が家のファミリーはいつもこうなんです
ファミリーだけならまだしも、それ以外で色々絡んでくるんで
注意が必要です(苦笑)

ほんとね、このファミリーたぶん誰でもが
一緒にいるのは難しいと思います・・・(-_-;)
ワタシも弟が亡くなる前は、
家とあんまり関わりたくない度が
かなり高まってましたからね

ワタシ自身がホメオパシー治療などをやっていなかったら
到底一緒にいることは難しかったかと思います

家族って身近だけど、分かりあえないことも多いですし
ここから心の傷つきなども出てくる場所だと思います

一番身近で、一番やっかいだったりもするものです

ホメオパシーを長くやっていると、
色々家族との付き合い方
人との付き合い方など、その時々で
かなり変化もあるかな~と思います

ほんと、ここも不思議なところですね・・・

これからも色々あると思うんですが
少しでも家族の気づきのきっかけになればと思うんですけどね

2009/06/12 (Fri) 13:36 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する