みーさまへ

昨日の夕方、いつも遊びに来る親子猫がいるのですが

その中の子猫の1匹がうずくまって動けずにいました

いつもは3匹の子猫と母猫です

この親子猫一家は、ご近所ネコで飼われている猫です

でも、多分子猫を奪われるという警戒心の為、
我が家にしょっちゅう子猫づれで昼寝がてら遊びにきているようでした

まだまだちっちゃい子猫です

手のひらサイズかな。。。

一応飼い猫なのですが、
人への警戒心は強い方で、寄ってきたりすることはないのですが

特に子猫を奪おうとかいう気がないので、すぐそばに子猫を連れてくることはあります

朝からミャーミャー鳴いてるな~って思うと、たいていこの親子猫一家です

昨日はこの子猫の中の1匹が動けず崩れかかったムロ小屋の隅にうずくまって

ニャーニャー鳴いていました

近づいてみると、どうやら後ろ足の2本とも怪我しており

そこから汁のようなものを流していました

orengewoodこういうのは放っておけないタチです

すぐに牛乳にバッチのレスキューレメディを入れて
さらにアーニカの200Cの水ポテンシーも入れて置いておくことにしました

ワタシが近づくと、穴に入って隠れてしまいます

ちょっと離れると、すぐに顔を出しますが・・・

足場が悪いところなので、牛乳をなかなかおけずに

迷いましたが、少し離れたところに置いておくことにしました

その間、牛乳を少しでも口にしてくれるとよいな~と思って牛舎の掃除をしてから

また覗いてみると、キレイに牛乳がなくなっていたので

飲んでくれたんだ・・・と思ったら、どうやら母猫がほとんど飲んでしまっているようでした

でも、たぶん一緒に親子で飲んだんでしょうね

それかお母さんの母乳を通して、レメディのエネルギーが子猫に届いたのかな?

その後は、さっきとうってかわって、お母さんに甘えてじゃれながらトコトコ歩いてました

1匹だけでずっとうずくまって鳴いていて、足大丈夫かな~?って感じでしたが・・・

母猫はこの子を迎えにきたのか、2匹で帰っていきました

今日もどうしているかな?とずっと気になっているのですが

まだ見てません

さっきちょっと声がニャーニャー聞こえてきましたが、どうでしょうかね?

元気にしてくれているといいですけどね♪

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

その後

が気になります~~~^^

足の怪我をしていた子猫にレメディーが入っているといいですね
でも手の平サイズだなんて
まだ足どりもちょっと頼りなさそうな感じもしますね


鳥さんを目覚めさせてあげた話とかこういう話を読むと
私もそういうときが来たらやってみよう!と思っちゃいますi-278

そのうち動物たちの「クチコミ」で
「困ったときはあそこ!」「怪我したらあそこ!」「助けてもらえるよ!」
とか広まっちゃうかもしれませんよ~~!?i-237

2009/06/13 (Sat) 21:44 | rena #- | URL | 編集
renaさんへ

renaさん、この子ネコのお話にはまだ続きがあるんですよ
またの機会に書こうと思います。。。
(今日はニワトリの事を書いたので)

たぶんどういうカタチでか
レメディのエネルギーが入ったかな~と思うんですョ

それにrenaさんにもそういう機会が訪れるかもしれないですね

不思議ですが、ワタシが自然療法をやるようになって
野生の小鳥が我が家の庭に転げ落ちるようになったんです

これは本当に不思議でした
カワセミなんて田舎で暮らしていても
みたこともあまりない鳥なのに、
庭に転がったりしていて・・・

ナゼ???と思いました

ほんとどこかで、
しゃべっているのではないのか?と思うくらい不思議でした

動物にはなぜかモテるようです(笑)

2009/06/14 (Sun) 15:10 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する