ハーブの中に

緑の薬箱ハーブセラピー―わが家でできるハーブ健康法緑の薬箱ハーブセラピー―わが家でできるハーブ健康法
(1999/02)
林 真一郎

商品詳細を見る


さてホメオパシーの基礎にあるのがハーブ療法です

ワタシは結局
アロマセラピー→ハーブ療法→バッチフラワーレメディ→ホメオパシー→オーラソーマの
順で自然療法なるものを取り入れてきました

この本にも随分最初の頃お世話になりました
林真一郎先生はアロマセラピーでもお馴染みの先生で
グリーンフラスコというショップも併設されています

グリーンフラスコさんには随分お世話になりました
色んなネタを投稿し、こちらが出されている小冊子でよく取り上げていただきましたし
地方のイベントの際も、参加したりして、
ショップスタッフの方たちと楽しいお話、裏話、に盛り上がりました

こちらの本は季節ごとに人間を取り巻く不調に身近な素材を含めて
ハーブ、アロマセラピーなども織り込み、どう対処するかがカラーで描かれています
すっごく読みやすいし、おすすめです

ワタシの場合、アロマセラピーやハーブ療法を取り入れた時点で

既に好転反応と呼ばれるものは起こしはじめていました

それに当時はいいものを取り入れれば、よくなると思っていたので
やみくもに「過剰摂取しており」
実際にはホメオパシーで言われるところのプルービングも引き起こしていたと思われます
・・・といっても危険な領域のものではなく、動悸が激しいとかそういうことです

でも、もちろんその頃は詳しい事情が全くといっていいほど飲みこめていませんでしたので

毎回病院にお世話になるばかりでした
(熱や皮膚病などをいく度も出しまくって・・・)

それが数年続きましたかね・・・

こういったこと全てが芯から分かってきたのが、数年後にお世話になる
最初のホメオパスの先生にかかってからです

ここから、少しずつそれぞれの自然療法の特性のようなものを掴みはじめ

それぞれを使いこなすことで、
その都度症状に対して、自然療法的に対処していく方法を身につけたような気がします

考えてみれば、この10数年以上様々なハーブを生活に取り入れてきました
だから、このブログで書いているものはごく一部でしかありません

それにハーブはホメオパシーにない味わいがあります

ホメオパシーは無味無臭でそっけないって言えばそっけないんですが

ハーブは種から育てる楽しみや、日々の成長、料理、クラフトへの応用と幅も広いです

人生を豊かに彩るのは、やっぱり手仕事です

それが長い歴史の中で人間の人生を豊かにしてきたと思いますし、

実際それをやりはじめて
ワタシの人生は以前の灰色的な要素から、格段に豊かな気分になるようになりました

だって面白いんだも~ん

なんだ~作って、楽しむってこと知らなかったから、
自分の人生に興味がなかったんだわ~って思いました

そういう意味では、ハーブは最高の自然素材だと思います

ホメオパシーで使う素材も毒物だけではなくハーブを含み
ハーネマンがホメオパシーとして体系化する以前は
病気の治療といえばハーブが一般的に使われていました

ちょうどハーネマンと同時代に生きていたハーバリストもホメオパシーの原理には気づいていました

それは当時はひとたび流行病がはやると
診療所のハーブはみるみる底をつき、そこで彼らは仕方ないから
それを薄めて患者に服用させてみても同じようによくなることに気づいたんですよね

何でもそうだけど、天才の発明も流行もその人が最初に発明したというよりは
同じような時期に同じような考えは、複数の人間にインスピレーションされるものなんですよね・・・

ハーブ療法は古い以前から何に使われるみたいな記述があって
そこをもとに、ホメオパシーのプルービンが書き起こされてきています

(この間書いたスーヤは、そういうものがなくて、彼の直観で取り入れた素材になります)

そういえば薬局で、ケツメイシと呼ばれる生薬を見つけました

ケツメイシのバンド名が、その生薬からできたとは今まで知りませんでした
ケツメイシはハブ茶ともよばれ、
便秘や目をよくする肝臓に働きかけのあるものだと知りました

バンド自体、
「出し切る」ということを基にしてあるそうで、
たぶんバンドのポテンシャルを最大限出し切るという意味で使ってあるんでしょうかね・・・

へぇ~

・・・ということは、ケツメイシをプルービングにかけると
それらしき部位に作用するというマテリアメディカができあがることになるんでしょうね
ケツメイシはマテリアメディカにのっているのかな~?
ワタシが持っているものにはなかったですけど、どうでしょうねぇ

いや~、色々やっぱり興味深いです



にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

こんにちは

「人生を豊かに彩るのは、やっぱり手仕事」の言葉に、
さすがぁ~!と唸らされました。
その通りですよー!
「作って楽しむ事を知らなかったから、自分に興味がなかった」・・・そうそう!私もー!
って、思いました。

いつもながら、orengewoodさんって、思いを文章で表現するのが上手で
感心してしまいます。
かゆい所に手が届くと言いましょうか・・・v-522

畜産界のプリンスとorengewoodさんの間に、新たな発展があるのでは?!と、
密かに楽しみにしている私でございますi-237

2009/07/07 (Tue) 17:50 | keri2nz #- | URL | 編集
keri2nzさんへ

やっぱりkeri2nzさんもそう思われますか☆

ワタシもなんでこういうこと気づかなかったのかな~?と
思ったんですけど、でも色んな手仕事をするようになって
随分豊かになったんですよねぇ

だからkeri2nzさんが、NZでやっていらっしゃる
色んな手仕事なんかを見ているだけでも
自分がやった気になっちゃって、満たされてしまいます(笑)

それにNZにはNZの風土があるから
その土地で使われているものにも興味があります

畜産界のプリンスとは100%何の発展もなさそうです
ちなみに去年たぶん同僚と思われる子達が、
8月の花火大会に我が家にみんなできたのですが、
全員が彼女と奥さんを連れてきました(笑)
そのうちチビッ子達も連れてくるかもしれませんね

2009/07/07 (Tue) 20:19 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する