ヘビのレメディ

↓どうやってレメディができるのか動画をみつけました、クリックしてね

ヘビのレメディができる様子レメディア社から

ホメオパシーのレメディには世界中の
色んな毒蛇のレメディはたくさんあると思います

ワタシは去年はじめてラカシス200Cのレメディを投与しました
(弟が亡くなってからセルフケアで投与しました)

霊的にとても敏感になっていたこともあって、使いました

蛇というとムカシっから、人間の霊的な側面と深く関わっていると思います

象徴的にあらゆるところにシンボルとしても出てきますから

私達の祖先は
どこかで蛇と人間は深い関わり合いにあることを
見抜いていたのかもしれません

あるホメオパシーの本には
ラケシスは南アメリカのスルククまたはブッシュマスターという蛇の毒から
作られており、長さ2メートルほどある蛇はとても攻撃的だと言われ
毒と締め付けの力で獲物を殺します

この毒をホメオパシーの技術で薄めると、
とても強力な治療薬になりますと書いてありました

ところがある最近見たホメオパシーの本によると
ラケシスは攻撃的で非常に恐ろしい毒蛇のように言われているけれども、
それは人間側がつけた彼らに対する価値観で、
実際にはこのヘビはどうやら内気なようで攻撃も遅いとありました

人間側の投影が反映されて理解されている・・・

人間は怖い人や怖い出来事に出会った時に、
その本質をよく理解しないまま

怖い姿だけを見て(言わば表面だけを見て)、
本当に怖いのだと思いこみ心震わせてしまっているのかもしれないですね

それはさておきラカシスがマッチするタイプの人は

ヘビに似ている感じもあって、
人間の野生的、本能的、情熱的な側面を表すかのように

束縛を嫌い、嫉妬深く、おしゃべりで、疑い深く、
物事に過敏な傾向があるとのことでした

熱に弱く首や胸の圧迫に耐えられないので、
襟の詰まったような洋服を着ることがないので
このタイプも見つけやすいですね

少し顔がどす黒い傾向もあります

食物をかまずに、丸飲みする方が調子がよい

更年期や卵巣はひとつのキーポイントでしょうか

とても情熱的にエネルギッシュに人生を走り続けたご婦人が
更年期に入ってから色々訴えたりって聞くことありますよね

狂信的傾向があって、
宗教、神的、霊的そういうことを心の中心にもってきていることがあります

ですから、自分のカンは当たると思っている、しかも実際に当たることもある
でも同じくらいにハズすこともある

ヘビの指輪やヘビ柄のものも好きですね
顔も見るとどこかヘビを思わせるようなところがあります
ワタシの周りにも何人かいましたねぇ

テレビにもこの手のタイプの人が以前に出てましたよね
(ワタシはある人が思い浮かぶんですけど・・・)

ラケシスはものすごく内面のエネルギーが強いですから
それが人生にも反映されている気がします

ヘビって聖書ではイブをそそのかしたりして、
やっぱりラケシスタイプも狡猾さがうかがえます
でも内気なところもあるんですよね(そこが狙いかな?)

クレオパトラもラケシスですかね?

彼女はしたたかでしたよね、
しかも最後にコブラに噛ませて死んだんですかね
作り話か本当かは分かりませんけど、
なんとなくラケシスの香り漂うお話ですね

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する