鏡って?

本日早朝からりかちゃんの母牛が大暴れで、父またもや癇癪をおこして大変でした

朝から疲れました

それにしても、いつも思うのですが父畜産に向いていないと思うのよ
(人間向き不向きありますからねぇ)

じゃあ、何が合うんだ(・・・・・・・?????:苦笑)

っていうかですね、今までも何回も書いていますけど(しつこいほどに)

我が家で産まれた子牛で父だけで育てた子はおっそろしく凶暴です

もうこんなんじゃ、誰も近づけません

このワタシでもやっぱり未だに難しいです

今日は鼻輪から全部壊れて、ロープも引きちぎって、ありのままの姿で走りまわっていました

それをたぶん父は捕まえようとして、凶暴だからもろギュウギュウやられて、
体当たりをくらって肋骨を骨折しようとしていたんでしょうね

指もちぎれそうだったんじゃないかな?

しかも何度やっても捕まらないから父完全にぶち切れまくって、癇癪をおこし
手にもってるもの全部をいつものように投げつけたんですよね・・・・

物を叩きつけるから、子牛もビビりまくって

オォッ(コワイ、コワイよ・・・・プルプル)ってなってました

可哀そうに・・・・

こんな環境で育ってきて母牛になった子だから、そりゃ恐怖心から凶暴にもなるわ

子牛のことは後で、「みんな大丈夫だったかい?」といって、
ナゼナゼして慰めておきました

以前は1年のうちにこういうことが、しょっちゅうでした
(毎日のように、こんな感じな訳です)

この世界が自分の意のままにがならなければ、
癇癪を起して、他を怒鳴り散らしたり蹴ったりしていた訳です

きっと霊的に言えば、魂の成長というか魂のレベルがたぶん低いんだろうと思います

言いかえれば、自分の人生で浄化がされていないため、

子供の心のまま大人になっている状態とも言えるかなと思います

牛なんて、生きものなんて、この世界なんて自分の意のままになる訳がない

だったら、もっと最初から根気よく付き合おうと思った方がいい

でも、たぶん父にはそういう概念がないんでしょうね

いつも自分の意のままにならなければ、
イライラして他を攻撃するしか術を知らないのだから

だから結局この母牛は父親の性質を「投影」してしまっているのです

自分が他者にやっていることを、この母牛は父にやっただけのことです

でも父は気づいていません、
この母牛が自分の言う事も聞かず、凶暴で、自分を困らせると認識していると思います

この凶暴な母牛から産まれたりかちゃんやりかちゃんのおねいちゃんは
今のところ温厚な気質として育っています

おねえちゃんも温厚には育ちはしましたが、最初は人見知りは激しかったのですが
それに比べてりかちゃんの方は、性格も明るく、人懐っこいです

この間も、受精師のお兄ちゃんが、受精している作業の最中だというのに
片方の手をなめなめするので、片方の手だけで可愛がってもらっていました

母と子なのに性質がエライ違いです

あの凶暴な母牛からこの娘

人間でも親子が似るとよくいうけど、それはそうだけど

たぶんその後の産まれてからの接し方の方がよく似るような気がします

暴力的な言葉づかいと、暴力的な親から産まれたとしても

育った場が血は繋がっていなくても、
心ある温かく潤いのある家庭で育った子なら、きっと親には似ないのかもしれません

ホメオパシーをやってからよく気づきましたが

親がワタシに口うるさく、欠点と思って言ってきたことは
結局、全部、ワタシの両親が持っているものでした

その事に気づいたので、
「ワタシに言っていることは全部アナタ達にあてはまるよ」と今までもずっと言ってきました

「人の事言えないよ」ってね

自分の皮むきであるホメオパシー
自分の穴埋めであるホメオパシー

ホメオパシーを知っているとか知らないとか、
するとかしないとかそんなことは置いておいても

こういう気づきはみんなに必要なことですよね・・・・

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する