外に出すことで

きょうこさん数日前から外陰部にブツブツが・・・

そして昨日あたりから、お乳のあたりが痒いといって、なめなめしていたので
今日見てみると、お乳あたりにもブツブツが・・・
かきむしっているのか、傷になってる

そしてふとみると、なんだか耳にもブツブツが・・・

ちなみに何だか、目の瞼もブツブツで腫れぼったい・・・

背中にはちょこっと血の跡が

虫に刺されてこうなってるのかなぁ?

でも、きょうこさん、これは痒いよね

今日妊娠鑑定の為にきてもらった、受精師の子に外陰部のブツについて聞いてみたけど

「心配要らないと思いますよ~」って言ってたけど
(まぁそうですね、牛の場合、普通に外陰部のブツってとくに大騒ぎしませんけどね)

でも、きょうこさん、今日はあきらかにアチコチにブツが増えてますね・・・

そこで、アーティカの(イラクサからできるレメディ)30Cを水ポテンシーで与えていますが
どうでしょうかね?

乳首の傷にはカレンデュラのハーブチンキのスプレーをしておきました
(こういう時にハーブチンキは傷口に使えるので、もっておくととても役にたちます)

それにしても、きょうこさんは皮膚病としてよく症状を出すところからみても
彼女は遠心力が高く内から外へのソーファー(硫黄からできるレメディ)のエネルギーが強いように思います

実際、体つき骨格も丈夫で、がっちりしっかりしており、
女性というかメス牛にしては大ぶりの牛美人です

本人的にはしょっちゅう皮膚病が症状として出てくるので、
「大変だなぁ」と思っていると思うけど、ここを乗り切ってほしいですね

ワタシも小さい頃からソーファーのエネルギーも強かったようで

皮膚疾患は多かったと思います

小さかった頃の記憶はほとんどありませんが
家族のみんなが言うには、畑や井出で泥んこだらけになって遊ぶような幼児だったようです

泥団子つくりが当時の仕事です

ミミズなども捕まえては、手でごろごろしていたようです(←ここがオカル子出発点かしら・・・)

汚い泥水を汲んではかえしたりとか
カエルの卵も山ほど田んぼからとってきて、たらいで養殖したりとか

女の子なのに、
汚らしいことばかりやるので、家族も親戚も引いたらしい・・・・(苦笑)

でもワタシにとっては、この世界が好きだったし、たぶん大事だったのだ

もうこの世界って自然児ソーファーそのものですよね(笑)

ホメオパシーをやるようになって、思えば色んなタイプの皮膚病を出してきましたね・・・

こんなにも自分の中には、色んなものが眠っていたのだな~と、思いますが

皮膚病は基本的に、見た目にもよくないし、痛かったり痒かったり辛かったりするので

(皮膚病の場合、人から見られて色々言われることの方が、みんな気になるんですよね)

イヤだな~って思う事が多いですけど、

でもここをキチンと乗り切る事で、自分自身を生きれるようにもなるんですよね

以前よりラクになったことも多いし、
自分を捉えていた人には言わないまでもヘンな妄想のようなものも減りました

出るべきものが出ないと、
持ち込まないでいい不安から恐怖から何から全部抱え込むことになります

そして心の中に不安がすくっているので、
色んなものが恐怖の対象になるので、身の回りを整えようと躍起になるようになります

抗菌剤から除菌剤や、スチームだったり、スプレーだったり、それは色々ありますけど

そんなもので、ガードするようになるのです

ホメオパシーはやっているうちに、徐々にそんな生活から解放されていきます

自然に還る、本来の自分に戻る、自然体のゆるい生活
周りをガチガチに固めるよりも、それが一番居心地がいいのです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

読んでいてぷぷぷっと笑ってしまいました^^
orengewoodさんも小さい頃、野生児のような遊びをされてたんたんですね。
私もみみずやトカゲを大きいポケットに入れ飼育したり、死んだネズミをポケットに入れたりして母が悲鳴をあげてました^^;
ネズミの死骸なんかポケットに!って怒られましたけど、お墓を作ろうと思ってそれまでポケットに入れとこうと深い意味はなかったんですけどね。
ホント子供時代ってそういうのが大事なんでしょうね。
そして小さい頃、皮膚病とか抑圧してたなあと思い出しました。今は手湿疹があって抑圧しないように乗り越えようと思います。
きょうこさんも頑張って乗り越えて欲しいですね!

2009/09/07 (Mon) 15:37 | くえ #- | URL | 編集
くえさんへ

くえさんのコメントを読んで、自分のことかと思いました(笑)

いや~、同じ想い出がワタシにもあります

くえさんとほぼ同じことをやって、怒られていたのですから・・・(アハハ)

小さなネズミは机の中に隠し、青カエルはかわいいので、テッシュに包んで、タンスの中に入れておきました

まぁ、ほんと深い意味はないんですけどね・・・(笑)

ピョ~ンと飛んで、怒られまくった記憶があります

子供の時はこういう世界観がとても大事なのだと思ってます。。。

くえさんも、今、皮膚疾患が出ているのですね・・・
皮膚疾患は、時には治癒までに非常に長くかかり、辛いこともありますが、
でも出し切った時には、気持の上でもラクになっていきます

みんなで、頑張って乗り切っていけるといいですよね♪

2009/09/08 (Tue) 13:29 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する