悲しい出来事

昨日夕方から、管内の牛飼いの方のお宅でとても悲しい事故が起こりました

詳しいことは伏せさせていただきます

とても悲しく、涙が出ます

弟が亡くなって3年

そんな中で牛飼いを手伝って、
はじめて、地元の他の地区の牛飼いの方達ともお話する機会ができました

牛を自分で育ててみて、遠かった県や町が少し近く見えたのです

ワタシはM県に住んでいても、学校も何もかもM県に行った訳ではないので
実は地元なのに、地元が遠い状態でした

同じ町でも知っている人はほとんどいない状態で・・・

住所はM県で、行政区分はM県なのに、生活はM県ではなかった
それを色んな場所で説明するのにも一苦労でした

そんな中で実家に帰ってきて、牛を通して少しだけ繋がった気がしたのです

牛を自分で育ててみて、はじめて、色々な大変さも分かってきました

繁殖農家は母牛の妊娠出産子育てなどがあるので技術的な面や神経の使い方など
思いもしない、色んな面での苦労があります

そんなことが分かっているだけに、今回のこの痛ましい事故は、何ともいいようがありません

家族の何人もの命が一瞬にして失われました

言葉を失いました

小さなお子さんは重体です

牛の為を思って、やった仕事が、こんなことになるなんて・・・と思うと

涙がこぼれます

牛達もきっと察していると思います

牛は敏感な生き物です

ちょっとした飼い主の異変にも気づくのです

飼い主の親方さんを失い、母牛も子牛もどれだけ呆然と立ち尽くしているだろうかと思います

どんなにか残された家族も牛も身を砕かれるような思いをしているだろうか・・・と思います

今回の事故の起こったお宅のことは、父も顔見知りの人ではなかったようでした
(我が家に来られるおじちゃん達は知り合いだと思いますが・・・)

それでも同じ牛飼いとして、他人ごととは思えません

ただ、ただ色んなことを思っては、涙が流れるのです・・・・
スポンサーサイト

コメント

哀しい

その前日までは平穏な日だったと思います。
いつどうなるかなんてわからない
今回のように大きな出来事だと
なんともいえないむなしさが・・・
時が癒してくれるのを待つしかないのですね・・・

2009/10/01 (Thu) 09:18 | ももまん #nQ5bPT7s | URL | 編集
ももまんさんへ

ももまんさん、本当にそうですね・・・・
聞いた瞬間、
何とも言えない気持ちになりました

少し前までは平穏な日々の中で・・・

「時」それしかないのかもしれないですね
今日もこちらはどしゃぶりの雨です

2009/10/01 (Thu) 13:53 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する