リーダーについていく時代よりも

歴史を見ても過去を振り返っても

ついていきがいのない
イケイケの勢いと力だけのリーダーについていくことほど馬鹿らしいことはないですよね・・・

賢くないリーダーというか

脱体育会系のアタシからしたら、ここは語っておきたいところです

野球のイチロー氏を信奉している訳では全くないんですが
彼がWBAでしたか、そこで言った言葉はワタシにとっては、一理ありました

彼はリーダーは必要ないと言ったんでしたかね?
個々のポテンシャルというか志のようなものを高くもっていれば

チームとしても(要するに、人間がより集まった時でも)、
ちゃんと機能するんだということを言っていたのは

ワタシもそのあたりの感性は似ていますと感じました

常々思っているんですが
歴史的リーダーというか、リーダーというのは
エゴイストの象徴のような人物が多いのが特徴だと思うのです

リーダーというのはエゴの象徴
(リーダーが、それをどれだけ自身で認識しているのかにかかっているのだと思うのですが)

そしてそのリーダーのエゴイストぶりをさらに加速させるかのような

妙なお取り巻きな人々が(この人達はリーダーに、最初は魅せられた人達なのかもしれませんが)
周りについているのですよね・・・

このお取り巻きが、また二癖も三癖もあって(自覚症状が個々にどの程度あるのか疑問ですが)、

その人達によって引きつけられ

さらに事は複雑化していきます

それでも、いつも歴史を振り返ってみると、
大勢の人間というか庶民が、そのリーダーについていってしまっている・・・・というか・・・・

ナゼ人間はそんな単純なことにさえ、
長い間気づかず同じことを面々と繰り返しているのだろうか?と不思議にさえ思いますが

でも、いつもそういった感じで、バトンは次の時代に手渡されるのです

長い間、戦争というか、どっちが勝ちか負けかといったような
領土と資源はどっちのものかというか、そういった利権を含めて奪い合うような感覚で

散々、そんな一部のエゴイストの妄想というか願望にですよ

まぁ、言ってみればショーも無い、「夢」のようなものに

イチイチ一般庶民は付き合わされてきた訳です(時には大義の為に・・・)

そして、たった1つだけの尊い「命」さえ犠牲にしてきた

なんなんだ・・・これは・・・と思うのですよ

そんなことを絶えず繰り返しながらも

今の時代もですよ、時代は違えどもあまり変わりがないと思うのですよ・・・

派遣切りや、新型インフルエンザなどの対応を見ていると

本当にどれだけ庶民を翻弄させたいんでしょうかねぇ?と思うのです・・・

TVにうつる
あのインフル対策のモノモノしい感じの完全武装やマスクバカ売れ現象
(今は落ち着いた?それとも今から冬に向けて、再燃?)

さらにはこれからの季節はより一層、予防接種をスローガンにしてくるとは思いますが
(毎回、予防接種を引き合いに出してしまっているが・・・)

いったい真のリーダーシップ(エネルギー)は何の為に使われているのか?と疑問です
(ホメオパシーをやっているだけに、余計にそう映ってしまう)

やっぱりね、これからはリーダー(方針)についていく時代じゃないと思います

自分で考え、自分で選択する、方法を選ぶことが、必要な時代に入ったと思います
(感覚で生きろということ)

2012年アセッションですか?

これっていうのは、確実に今までの歴史を見て振り返って、一度立ち止まって考え直す

そんな時代の転換点ではないでしょうか?

リーダーという存在というかリーダーの打ち出す方針に、
長い年月、翻弄され、振り回されてきたのです(本人達にはそういう意識はないでしょうが・・・)

少なくとも今まではこういったことを
堂々と言える時代ではなかったかもしれませんが、でも、これからは違うと思います

これからは、真に個々が目覚める時期だと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する