黄金の実り

豊作

今年最高の稲穂として実りました

一面黄金色です

父曰く、農業に従事して以来、今年が最高の米の出来だと言います

実家に帰って3年目の今年

牛もいいけど、米の出来もいい

きっと、この田んぼも、
自然療法の恩恵を受けたことによって、これほどの実りを実現したのではないでしょうか・・・

台風が来なかったということも、理由として、大きいと思うのですが

牛舎にアロマセラピーやホメオパシーなどを取り入れて、
その牛フンを使っていることが幸いしたような気がするのです

我が家は残念ながら、まだ農業はホメオパシー一色ではないのですが

この牛フン効果は絶大な気がするのです

牛にホメオパシーをやる

牛が症状の克服をしつつ、ホメオパシーのエネルギーをいただいたダイナミックなウンチをする

牛は健康になる、かつさらにいいウンチを生産する

そのウンチにアロマセラピーのエッセンシャルオイルを水に薄めて撒く

ウンチがキレイになるし虫が減る、そうすると牛のストレスは減る

そんでもって、さらにウンチに活力が増す

その錬金術的ウンチを田んぼに撒いて、稲を育てる

「最高の稲穂の出来あがり」

きっと、そういうことに違いないとワタシは秘かに思っています

今年の稲穂の特徴は、少し前に長雨が続いたのですが

それによっても、稲が倒れることがありませんでした

今の季節の稲というのは、刈り入れ前ですから、頭が重たいので
少しでも長雨が続くと、すぐに倒れることが多いのです

それが我が家の稲は倒れませんでした

これぐらいしっかりした米が出来上がってくれると、
見ているだけでも小躍りしそうになります

我が家の場合、この米を収穫した後の藁を牛の餌とするので

米の出来はワラの出来、そして、そのまま牛の出来にもかかわってきます

全ては循環してリンクしているのです

どれが1つかけたとしても、お互いに影響を及ぼしあうことになるのです

循環型農業です

全てが繋がっており、どこかをおろそかにはできません

全てが上手く循環されれば、私達も幸せに生活することができます

我が家は長年農業をしてきた家ですが

それでも、この循環がなかなか上手くいってなかったように思うのです

きっと我が家の家族は農業というのは
自然任せ、天の計らいみたいなところがあって

自分たちで、どこをどう工夫してよいのかが見えていなかったように思います

自然療法を取り入れて3年の間に

父の口から、牛のことにしても、米のことにしても

「こんなことは、長年やってきて、はじめて・・・」という言葉を何度も聞きました

それぐらい、自然療法というものは、
生きているもの全てに対して、目に見えない部分でダイナミックに働きかけることができるのです

田舎にいてホメオのホも言われていなかった時代から
自分の中で大切にしてきてよかったと、この稲の実りを見て思いました

これからも、地道に、そして大事に育んでいきたいと改めて思いました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する