冬の足音

2チャトラン

金目銀目のチャトランです

この写真で目の色の違いが分かるでしょうか?

チャトランは、今年3匹産まれた子猫のうちの1匹になります
3匹のうち、この子だけが生き残ったようでした

チャトランは上の家の猫ではあるのですが
しょっちゅう、我が家に遊びにきています

チャトランとその母は基本的に
とても警戒心の強い一家なのですが、不思議とワタシには気を許してくれる事があり

近くで、この子が大きくなる姿を見せてもらうことができました

ブログにも書いたのですが、

小さい頃は産まれた子猫3匹で、足を怪我していた事もあって
ホメオパシーのレメディを早朝から、我が家の牛舎にいただきにきたこともありました

そんなこともあって、この子はワタシにとっては、思い出深い子になります

レメディを水ポテンシーであげた回数は少なかったのですが
足もキレイによくなったようでした

今日は、チャトランどうやら日向ぼっこに来たようで
はじめて、頭が触れそうなほど近くによってきてくれました

ちょっと感激してしまいました

人慣れしている子は、クネクネしてすり寄ってきたりしますが

警戒心の強い猫って、逃げるの早いですからね~

ササーっと一瞬でいなくなりますからね・・・・

チャトラン一家は、もともと野良猫から飼い猫になった子達なので
なかなか人の近くに寄ってくることは無いのですが

今日は日向ぼっこしていて、リラックスしていたのか
わざわざ、トコトコとワタシの傍まで歩いてきてくれました

それが、なんともかわいくって嬉しかったです

「チャトラン、こんにちわ♪」

以前のワタシになら、絶対に寄ってこなかっただろうな・・・・と思います

小さい子猫を見ると、捕まえようとしてばかりいましたからね

そういうところが、きっとネコ的にもイヤだったんでしょうね・・・・(分かります・・・)

さてorengewoodと愉快な仲間たち

最近、少しメンバーが増えまして

大きな鷺のような鳥の「キャサリン」

牛舎の中においてある、
のこくずの中にお住まいの山瀬まみちゃん似の茶色い色のカエルの「杉村さん」

杉村さんに関しては、のこくずは牛の寝床として敷くので、踏まれては危険なので

何度となく、外の畑に杉村さんを見つけては、放していたのに

毎回戻ってきていたのです

杉村さん、ナゼあなたは戻ってきてしまうのか???

まぁ、もうすぐ寒くなるので、土に潜るため、そろそろ帰っているかもしれませんがね

ちなみに、水道の下の溝にお住まいだった
オスカーとパトリックは早々に、戻っていったようでした

また来年、暖かくなってからですね~ということで・・・

あとオレンジ色のお腹をした小鳥の「チャバラくん」が、
この時期、お隣の国チャイナから帰国するのですが

どうも2週間前から声は聞こえているので、戻ってきたと喜んでいたのですが

本日、近くに飛んできた子が違う子のような気がして

ちょっと不安になりました

もう少し時間をかけて確認したいと思います

来週からすっごく寒くなると聞いています
(ヒェ~、寒いの苦手、腰痛注意報ですね)

愉快な仲間たちと共に、寒い冬を乗り切っていきたいと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

さすがは・・・

「女ムツゴロウ」のorengewoodさんです!
動物達も心を許しまくりですね~。
しかも、仲間が増えたんですね。
チャバラ君、ひょっとして家族を連れて戻って来たのでは!?(嫁さんor婿さん?)

2009/10/30 (Fri) 09:40 | keri2nz #- | URL | 編集
keri2nzさんへ

女ムツゴロウならぬ
ムチャゴロウ(無茶ゴロウ・・・)気味のorengewoodですが、
それにしても、ホメオパシー治療以来、色んなアニマルが自然に寄ってくるようになりました

不思議ですが、たぶん、
以前は欲深すぎて近寄って来なかったのかもしれません(笑)

チャバラクンのこと

そうですね~、ファミリーを連れてきたのだとしたら、嬉しい限りですけどね~

もうしばらく様子を見て観察してみたいと思います♪

2009/10/30 (Fri) 17:57 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する