女系家族

                 母牛
                
                 これが今からお話する女系家族の大ばば様じゃ
 
                       偉大で優しい祖母でした


りかちゃんの母キャッシー

向って左が、りかちゃんの母です
そして、右がりかちゃんの2つ上のおねえちゃんの、キャッシー(通称キャス)←今ネーミングしました
キャスは、実は先頃、セリ市に出て町に購買された黒毛姉妹のみかさんの方の母親になります

                   ↓彼女が黒毛みかさん
                  黒毛みか


りかちゃんの母とキャスは、どことなく似ているのが分かるかと思います
多少、母似で、目がちょっとだけキツイところがあるかもしれません

性格もかなり、りかちゃんの母に似て凶暴なところがあります
動き方や、顔を振り振りして威嚇する様子は、

さすがは親子、母と娘は血は争えないというところかもしれません

それでも、今はホメオパシーなどをやりはじめたので、りかちゃんの母程ではありませんが・・・

でも、これも、きっと接し方なのです
父がイライラして、育てたことが、この子達の心を落ち着きなく、荒々しくさせたのです

おねえちゃんりかちゃんのりかちゃん秋

そして、彼女たち2人は、
おなじみの写真のりかちゃんのおねえちゃんと、りかちゃんです

この写真を全部並べてみても、違いがわかりますね~
りかちゃんのおねえちゃんや、りかちゃんは、目が優しくなってますもんねぇ

ホメオパシーを取り入れた、時期や、頻度もそれぞれ違っていて

その変化も、なんとなく分かりますね・・・

一番しっかりホメオパシーが入った子がりかちゃんです
りかちゃんは、出産前からホメオパシーが入っており、
授乳期にもレメディのエネルギーが入っていました

そして、その次が、りかちゃんのおねえちゃんと、黒毛みかさんです
この子たちは、隠れホメオパシーの子です

まるで、隠れキリシタンのようにホメオパシーをやっていった子達です

出産前、授乳期は、ホメオパシーがまだ入ってはいませんでした
ギリギリ、みかさんが、数日間だけ、お乳にレメディのエネルギーが伝わっていました

りかちゃんのおねえちゃんは、もうそろそろ、初産を迎えようとしており、寒い時期ということもあり
今から緊張しています

この子たちは、皆血が繋がっていることになり、そして全てメス=女性なのです

これは、あの山崎豊子原作「女系家族」ではないですか!

同じ血族というか血統ばかり、4頭も自家保留にするということは、血統が偏ってしまい

あまり、いいことではないようですが、仕方ありません

他の子がメスをなかなか産まないのです

りかちゃんの母は、この子は牛の世界で言われている、メス腹ではないかと思います

オスができないのです

それに加えて、実はこの子の血統のバックグラウンドとして

また山崎豊子原作を引っ張ってきて申し訳ないですが

この子の血族は、人間の世界でいうところの牛バージョン「華麗なる一族」のようなもののようなのです
(ちょっと表現が大袈裟ですが・・・)



人間の世界でも、華麗なる一族というのは、ある種の血統を引くことは知られてますよね
カエルの子はカエルというか・・・

そういう一種のDNA的、連鎖が牛の世界でも知られているのですよね

それが「蔓牛」と呼ばれているものです

蔓牛というのは、その血統で遺伝的に、よい形質というか資質の要素が
あまりバラつきがなく、次の世代に受け継がれる特性のある血統のことを、いもづる式の蔓をとって

蔓牛というのだそうです

人間でいうところの、名家、名門の生まれといったようなもののようです

この郡内で、その名家がいくつか知られていて、その1つになります

よく女系が続いたりすると、直系の男系が弱まると言われたりして、占いというか鑑定師の方で
家を見られる時に、ここ観る方もいらっしゃいますよね・・・

(まぁ、全部が全部、当てはまるという訳ではないでしょうけれど)

今地球規模でメス化が進んでいると専門家の間では危惧する声も聞かれますが

(地球規模で女系家族化か!?)

ホメオパシーでも環境的な要素(環境や生活が自然でなくなったこと)
も大きいと考えられていますし

原因を探れば、これも人間が自ら選んできた道だと思います

それにしても、
色々な視点から牛を見てみても、人間と同じようなところがたくさんあるので
それも興味深いし、勉強になりますかね

ホント生命って奥深いなぁと思います・・・(ちなみに山崎豊子さんの作品も深いですよね・・・)

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する