ホメオパシーで死を迎える

今年は、12年生きたポメラニワンコが逝った年でもありました

数日間はひどく悲しい気がしましたが、
子牛のしゅんクンの誕生もあり、自然な成り行きのまま時が過ぎていきました

ペットロスだからといって、
特に自分自身にホメオパシーのレメディ、悲しみによく使われるイグナシアからできるレメディなどをとったりはしていません

ほんとうに、そのまま、そのまま、自然に時は過ぎて、自身の中には後悔などは残っていません

この子には、生まれて2年目ほどから、ホメオパシーをやってきた子です

この2年間ほどは、獣医さんにしょっちゅうかかっていて、行くたびに
死の宣告や、このままいくと・・・・危ないかもしれませんみたいな事は始終言われてきました

その度に、とても動揺しました

当時は、病院でいただいた薬を餌に入れて飲ませていました
ワタシができることといったら、後は、アロマセラピーのエッセンシャルオイルをブレンドして
部屋にその香りを漂わせておく、芳香浴ぐらいしか思いつきませんでした

その事が功を奏したのかどうかは定かではありませんが、調子が悪くても何とか元気になるを繰り返していました

その後、フラワーレメディがペットに使えることも知り、少しずつ取り入れるようになりました

さらにホメオパシーを徐々に、知りはじめ、最初のホメオパスの先生が
自身の飼っている犬に良かったというので、ワタシも使うようになりました

弱々しかった、ポメラニワンコはみるみるうちに、元気になり、誰の言うことも聞かないような
逞しいポメラニワンコと化していました

死にそうなポメラニワンコからは想像もつかないほどの、
丈夫な骨格とダイナミックウンチの持ち主になったのです

この子に関しては、完全にしつけという意味では失敗しました

しかし、とても、自分らしい生き方を全うしたワンコでもありました

あの最初の弱々しさから考えて、12年、
そろそろ13年目を迎える程に生き延びるとは彼にとっては充分すぎる長さだったとも思います

そもそもホメオパシーをやっていなければ、
もっと早めに亡くなっていたかもしれないほどの、ワンコだったのですから・・・

あの来客がなければ、おそらくあと3年は余命があったぐらいのオーラを醸していました

とにかく死ぬ寸前まで、よく食べよく寝て、ふくよかなままの死でした

10年間1回も獣医さんにかかったことがありませんでしたし、薬を飲んだことも1回もありませんでした

大往生です

前日には、足の不調の為、アーニカのレメディを投与していました

眠るように亡くなっていたポメラニワンコ

これほど、健康的な死を目にした事はないくらいの、元気な死でした

死ぬ人は、どこか、悲しげで病み、弱々しく亡くなっていくハズなのに、
この子は全くそんなことも感じさせませんでした

ホメオパシーで迎えた死

それは、思い描くこともできなかった、自然な死でした

ホメオパシーをやっていると、まるで後悔がない
そんな風にも思えました

死ぬにしても、残された周りの人に対しても、ただ風のようで。。。

あぁ、なんて自然に往くものだろうか・・・

ワタシはホメオパシーを愛用している人の死に、人間ではまだ立ち会ったことがありませんから
なんとも言えないのですが

ただ愛犬は、ホメオパシーの世界でよく言われているように自然に亡くなっていきました

飼い主としては、とても悲しかったのですが、日々がたつにつれどこか満たされた気持ちにもなりました

よかったな、よかったな、ポメラニワンコ

ほんとうに天寿の全うだったよ

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

亡くなってもそれをちゃんと受け止められるのであれば、レメディーは必要ない。
私もそう思うので、orangewoodがしっかり受け止められたのであればそれで良いと思います。
確かにレメディーは受け入れることを刺激としてサポートしてくれるように促しますが、それが自然に出来るのであれば必要はないと思うんですよね。
この頃私もレメディーを欲してなければ入れてないこともあります。

ワンちゃんもとても穏やかに眠るように亡くなっていたんですね。
おそらく、人の死もそうだと思います。
本当に自分の人生を自分なりに全うでいていて、悔いを一切残す必要がないと思う方は、亡くなってもとても苦しむことなく、穏やかで眠るように亡くなられると実感しました。
私の母方の祖母がそうでした。
それをみて悲しいというよりも良かったと、ほっとして涙しましたから。

きっとorangewoodさんもワンちゃんを見てそう思われたんですね・・・。
今頃は次なる生を受けてどこかで元気
に今世を生きてると思いますよ。

2009/12/28 (Mon) 00:19 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

ポメラニワンコには、本当に多くのことを学んだと思います
この子に関しては、今悔いがないです
特にホメオパシーを長年やってきた子なので、毎日が充実しているように見えました

生きざまは死にざまを現すという言葉がぴったりの最期だったように思います

この子は悲しくあの世界に行ったわけではなく、
みなさん~、僕は元気に、次の世界へ行ってきま~すと言って逝ったようでした

今も、もちろん元気でやっていると、一点のくもりもなく、心から思うこともできるのですよね

2009/12/28 (Mon) 12:16 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する