重力の意味

年末年始、子牛は風邪ですが、orengewoodさんは、胃腸にきてしまったようです
今日は寝起きから不調になり、嘔吐しそうでしたが、胃酸だけがのぼってきたようで、
その後、うどんを食べていると、めまいがして、下から出しはじめました

うぅっ・・・

まだレメディは投与していませんが、様子を見ながら対応していこうと思います

新年早々毒だしでしょうかねぇ

ホメオパシーをやりはじめてからは、上からもどすというよりは、下から出すというパターンに変化しました

こういった変化も、色々面白いなぁ~と思ってます

新春早々牛舎では、ホメオパシーが大活躍中です

この間から、子牛のしゅんクンの様子が、少しおかしいな?とは思ってはいたのですが

妙にソワソワして落着きがないので、どうしてかなぁ~と思っていました

やっぱり、こういうときは気をつけないといけないですね

外見上問題はない気がしても、ソワソワしている時は、もう既に何かが起こっている時です

実はこの子は、鼻輪がやっぱり固定されてしまっていて
鼻の周辺に、傷ができ、化膿を起こしそうになっていたのです

ところが、たまたま、投与していたシナバリス200Cのレメディによって、傷がひどくならずに済んでいました

ここに炎症が起こっているがために、痛みを感じソワソワして落着きがなかったのです

気づくのが遅れていたら、危なかったですね・・・
綱の下になっていて、見えなかったので、発見が遅れるところでした

昨日ワタシが気づいて、紐を緩めてあげました

牛の場合は、鼻輪をするので、ここからくる不調もよく知られているのですが

我が家の父は、それを知っているクセに、
何度ワタシが注意しても、毎回、紐をきつく締めているのですよね・・・

モォ~っ、牛の代わりにワタシが鳴くよ

かわいそうに・・・・

父は他人よりも自分自身の方が知っている、分かっているという過信が強いのですよね・・・

下手にキャリアでも長いと、特にワンマンになりがちですよね
(キャリアばっかり長くって、気づきのない人なんて、この世界には、たくさんいますからね)

これも怖いですよね~

自分が正しいということの怖さってここにあります

自分を信じることや自信を持つことは決して間違いではないと思うけど、
違う風に何かを信じてしまっていては、それは、正しい訳ではなく、たんなる思い込みの中にいるだけですからね・・・

プライドなんかも、そうですよね

人間って正しい人なんて、いないですからね
(正しいことがないかわりに、現象があり、それをどう認識していくのかにかかっていると思う)

内観性もなかったら、ただの個性っていうか、自分自身の癖の延長線上でしかないですもんね~

そんなものの見方ばかりしていたら、
相手の不調になんて早くから気づいてあげたりできないな~と思います

自分が大丈夫だと思って、相手も大丈夫だと思ったら大間違いですね

人間は重力引力をもっていると思うのですが、その引力重力がどんなものなのか、お互いに観ていかないと

その重力に引き寄せられた、別の惑星はクラッシュして、隕石として飛んでいくより他なくなります

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

私も年明け前に副業での話をちょっとメールでしたんですが、自分では気付いてないことがありました。
自分としてはちゃんとやっているつもりだったんですが、仕事は順調でも周りの気配りができてない部分があって、それについての指摘をされて驚きました。
今年はそれが課題でしょうか。
なかなか人に見てもらってないと気付けない部分もありますよね。
全体的に見ると仕事としては出来ている訳ですが、今年はその出来ているのを維持しながら細部を見つめていくことになりそうです。

まだ答えは出せてないので、こればかりは仕事しながら感じていかなくてはいけないかなあと思っています。

些細な事にも気をつけてみる必要ってどんなことでもありますよね。
それに対して気付いた時に、思い込みを信じるのか、その細部に目を移して考え直すのかで違ってきますしね。
自分の固めた「自信」がそのことによって崩すことができるかは、その人の勇気などにかかってくるような気がします。

とりあえず自分自身の注意点については気付いてなかったので、今度からはよーく仕事をしながら見てみたいと思っています。

2010/01/03 (Sun) 23:00 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

yu-koさん、そうでしたか・・・
人間って思いのほか、気づいてないことも多い生き物ですよね

人に指摘されたり、助言されたりして、はじめて気づくこともあるし、
言われても、気づかないこともあります

ワタシは最初のホメオパスの先生から随分鋭い指摘を、何度か受けて、泣き崩れたことがあります

人間の善性とか良心というもの、正しいことは、それではいったいどこにあるというのだろうか?と、
悶々とした時期もありました

本当に些細な事にまで、気をつけてみると、違って見えてくることって、ありますね~

ワタシも以前は父と同じ思い込みをし、細部にまで気づくことができませんでした

全体がよりよく動いていくためには、今よりどうしたらよいのか、
どうする方がベストなのか、常に何の世界にも、その謎解きがあるように思います

勇気、自分を見続けていく勇気大事ですね!

2010/01/04 (Mon) 12:28 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する