妊娠、出産、産後とティッシュソルト

ティッシュソルトの本をまた読み返していたのですが、
ファーランフォス(リン酸鉄からできるレメディ)も、しもやけにも使えるのですね~

見逃していたかもしれません

まだまだ寒い日が続くと思うので、また今度使ってみようと思います

ファーランフォスは炎症の第一段階で、他のレメディとの併用も有効なレメディなのですが
案外というか、我が家では、ほとんど使ったことのないレメディなんですよね~

牛にも、まだ1回も使ったことはないレメディです

ティッシュソルト関係のレメディは、本当はすっごく使えるレメディなんですが、
案外こうやって、必要な情報を読んでいるものの、見逃していることもよくあります

そういえば、
最近、あまてらすクンの母牛さんが、メキメキと良くなってきているのが外観からよく分かるようになりました

特にカルクフォス(リン酸カルシウムからできるレメディ)12Xを与えてからが、
身体がしっかりしてきたように思います

カルクフォスもティッシュソルトのレメディの中の1つです

あまてらすクンのお母さんは、出産が自然分娩ではなく、薬剤を用いての、出産だったこともあり

色んな面で、他の悪い条件も重なり、哀れなほど、やつれた牛となっていました

この子は、我が家の牛舎で一番高い牛のハズでした

ところが、あまりのやつれように、どこからどうみても、この牛舎の中で、
一番安そうな、痩せこけて、やつれて、足の悪い、最悪な状態の母牛となり果てていました

牛飼いのおじさんからも、この子をいつ手放すか?と問いかけられたこともありました

実際、ワタシも、どこかでこの子を諦めないといけないのだろうか・・・と頭をよぎったこともありました

しかし、その後、様々なレメディを使って、様子を見ていくと、
少しずつ、良くなっていく気配が感じられるようになりました

特に、ティッシュソルトのカルシウム系のレメディカルクフロアー、カルクサルファー、カルクフォスは、
この子の体調をよくサポートしてきたと思います

ワタシが生理痛に使っているジンカムミュア(塩化亜鉛からできるレメディ)なども、
とても良かったように思います

一時期は、どう見ても、我が家でもう9産から10産ほどした母牛ではないかと思うほど
他の牛より老けてしまい、わずか3産目の牛とは思えないほど、ひどいやつれようでした

女性というのは、こういった部分でも、随分その後の身体の状態というのは、それぞれに違うのだと思いました

何産しても、びくともしないほど、安産で、しっかりして老けることもない母牛もいれば

わずか、2産目、3産目でも、ゲッソリしてしまう子だっています

本当に牛それぞれなのだから、対応も臨機応変にやっていかないといけないのだな~と、つくづく思いました

体調や身体の状態など、その後の生活なども、全然違ってくるので、

そこは、やっぱり、サポートするものや、周りの人が、よく把握しておかないといけない部分だと思います

ティッシュソルトは、身体の機能をサポートし、妊娠中の症状にも、さらに出産、出産後を見据えても、
よく使えるレメディ達だと、今回の経験からよく理解できました

我が家のような妊娠出産を仕事とする繁殖農家には、欠かせないレメディ達だなぁ~と、思いました

今までは小瓶で購入していたものですが、
少し、大きいものというか粒数の多いものを購入していても、良さそうですね

また仕入れておこうと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

きっと、もともとカルシウム系が不足して生まれてきているんでしょうね。もしくは育ってきた過程の中で不足したかだと思いますが、その状態で出産をしていくわけなので、ますます子供に不足しているカルシウムを持っていかれるので、3匹目の出産でそういう状態になってしまったんでしょうね。

人もそうだと思いますが、結構カルシウム不足のお母さんも多いと思うので、出産が決まったらカルシウム系レメディーはずーっと摂りっぱなしっていうくらいでも良いかもしれません。

人もそうですが、カルシウムが体内分から不足してしまうと、それを補うために骨に貯めてあったカルシウムを放出して維持しようとするそうです。
骨粗鬆症になる一因でもあるようですね。

カルシウム系、私もそういいつつ、摂らなくちゃいけませんね。
きっと常に不足してると思いますし。

2010/01/12 (Tue) 23:23 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

この子は、色んな意味で悪条件が重なりに重なってこうなってしまったと思うのですが、
本当にホメオパシーには助けられたと思います

種牛が福桜ということもあり、遺伝形質の問題もあったと思います

出産には不安はあるものの、できる限りのことをやってあげようと思います

途中、人間でいうところの骨粗鬆症的な、骨軟症状態にも陥ったと思いますが、
さすがカルシウム系のレメディは強いですね、随分元気になったと思います

今、ほとんどの人が慢性的なカルシウムの不足状態だと思うのですが、
ホメオパシーを上手に使って、ケアできたらよいですよね~

ワタシも牛舎でカルクフロアーは、よくいただいています(笑)

2010/01/13 (Wed) 15:52 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する