転んでしまいました

キャッシー

本日、出産予定日2日前のキャッシーことキャスです

遅ればせながら、キャスを妊婦部屋!?(産室)に移しました

ちょっと遅すぎるぐらいなのですが、大雪もあって、今日になりました

キャスは広島県に売られていった「お市の方」の娘ということと、父が産まれた時より育てたということもあって

落ち着きに欠けるところがあります

そんなキャスですが、

産室に移った途端に、綱を外すと、興奮してグルグル走りはじめて、
その後しばらくしてドターンと転んでしまいました

牛は大きいですから、転ぶとスゴイですね・・・・

一瞬起き上がれないかと思いました

その後一応立つには立ったのですが、それでもグルグル回って落ち着きがありません

お腹からドーンと打ったようで、赤ちゃんの事も心配です

妊婦さんで転んで流産しかかったという話は、時々耳にしたことがあります

ちなみに、我が家の母も、弟の時、病院の階段の上から下まで落ちた経験があるようでした

妊婦の時に転ぶなんて、なるべくなら、あってはならないことと思います

ところが、キャスは転んでしまいました・・・

そこで、エマージェンシースプレー及びアーニカ200Cを与えておきましたが、どうでしょうかね?
様子を見ながら対処していきたいと思います

お産は、やっぱり、いつも最後まで気が抜けませんね

何が起こるか分かりません

以前はホメオパシーも何もしらず、緊急事態が発生しても、何もできずに呆然としていた事を思えば

自分自身で取り組めることができるので、少しは気が楽ではあるのですが・・・

去年はキャスの産室に、ナゼかお隣の産室で産まれたばかりの、黒毛きょうこさんが転がりこんでおり

危うくワタシは「赤ちゃん取り違え事件」を起こしてしまうところでした

黒毛きょうこさんと黒毛みかさんは、出産予定日は一緒だったがために、

キャスの産室に誤って転がっていた、きょうこさんを見つけて、キャスの赤ちゃんだとばかり思っていて

しばらくの間、気づきませんでした

キャスも平然と自分の赤ちゃんでない、黒毛きょうこさんを舐めており、
牛シロウトだったワタシは、勘違いしてしまいました

父から指摘されて、気づいた次第です

ほんと小さな牛舎の中でも、色んなことがあるもんですね

寒い時期の出産が牛は一番過酷のようで、死亡率もこの時期が最も多くなります

キャスは毎年どうしても、
この時期に出産ということになってしまうのですが、大変だけど、なんとか乗り切ってもらいたいです

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

キャッさん頑張れ!

キャッさん、転んでしまったのですね。。。
私も新年早々に転んで捻挫したので、
同じ妊婦として、他人事ではないです。

私は家にある数少ないホメオパシーの中から
アーニカとラストックスを取ってみました。
胎動があるので、お腹の赤ちゃんは大丈夫そうですが、
自分の捻挫は、今も少し痛む事があります。

寒い季節の出産、キャサリンが無事に元気な
赤ちゃんを出産できますように・・・☆

2010/01/16 (Sat) 07:51 | keri2nz #- | URL | 編集
keri2nzさんへ

そうなんですよ~
キャサリンすごい勢いで転んでしまいました(大汗)

ドーンとお腹を打ったので、ハラハラしました
すぐにアーニカとエマージェンシースプレーを水ポテンシーにして与えておきましたが、
今のところ大丈夫のようです

ただどうも気質のせいもあるのか、
落ち着きがなくウロウロするので、父から産室には入らないようにと言われました

本を見ていたら、お腹をドーンと妊娠中に転んで打った場合は、
アコナイト(トリカブトからできるレメディ)も、いいようでした

keri2nzさんも捻挫大丈夫でしょうか?
でも、ホメオパシーがそばにあって良かったですね
アーニカもラストックスも捻挫には使えるレメディだと思います

ちなみに、捻挫の時は、他にもルータ(Ruta)もいいようですョ、
ラストックスとルータを交互にリピートしたりとか・・・

コチラは今寒い時期なので、なんとか無事にキャサリンの赤ちゃんが産まれてくれると良いです☆

keri2nzさんも、お身体に気をつけて、過ごされてくださいね~♪

2010/01/16 (Sat) 15:20 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する