上昇思考



龍馬伝の香川照之さん演じる、岩崎弥太郎

香川さんは、成り上がり役は、天下一品、上手いですよね~
以前秀吉の役も目を引きましたもんね

福山さんよりも、どうしても、コチラの方に目が行ってしまいますけれど

あの鳥籠を背負って、
ガラガラ音を立てながら、真っ黒な顔とボロボロの着物で、地を這いずりまわって、上に登ろうとする姿は

まさにソーファー(硫黄からできるレメディタイプ)のエネルギーそのもののような気がします

この人が登場する時の音楽も、まさに

キタキタキタキターーーーーーーーーーーーーーッって感じのバックミュージックで

とってもソーファー的な気がします

実際、ソーファーって、本当に、やってくる時、周りの人間からすると
ついにキナスッタか、アイツが・・・って感じが漂うのですよね

ソーファーのエネルギーは本当に強いですよね

極貧からでも、一代で成り上がる事が、可能ですし

それだけの能力があるんですものね

「ワシャー、土佐で一番頭がいいですけん」とかって、それを自分でいうのかって事を、
ドラマで言っていたような気もしますが

ソーファータイプなら、いいかねない・・・・(苦笑)実際に、そう言っていたのではないのか!?と思います

なにしろ、自己絶賛型ですからね

学ぶことが、とても好きなので、本を読むことを欠かしませんよね

フォスなんかも、本は好きですが、こちらは自分の空想癖みたいなものを満たす為で、
ソーファーは「実利」を得る為に、学ぶんですよ

ソーファーは、火山のようなエネルギーで
地に足がつきすぎるぐらい、地に足がついたタイプもいて、
(その反対に、地に足がつきすぎて別の世界にいってしまい周りに理解されない場合もありますが・・・)

地を叩きながら、泥だらけになり、這いずりまわりながらも、上を上を目指すんです

まるで火山が、噴火するように、上昇思考です

田舎者的に見えるエネルギーで、田舎の人でこのレメディタイプは多かったと思います

最近は、田舎の団塊Jrも、フォスの影響の方が大きく、とってもソーファー的な雰囲気の人は、
あまり見かけなくなったような気もしますが・・・・

自然界の動物でも、ひときわ身体が大きく、知能の高い個体が群れのリーダーになる事が多いと思うのですが

それは、やっぱりソーファーのエネルギーの強いタイプではないかなぁ~と思ってみます

我が家で、ソーファータイプといえば、この子、黒毛きょうこさんです

きょうこ3

やっぱり、こういう子達は、産まれた瞬間から、何かが他とは違うんですよね。。。

ボロは着てても~♪、心は錦~♪

この言葉が、ぴったりのソーファー

なかなか目が離せないタイプではありますよね(笑)

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する