数字大事?

我が家は小さな繁殖農家なので、そこで動く経済的な数字というのは、
前職で管理していた金額に比べると微々たるものだと思う

家畜市場は、非常に市場経済の影響を受けやすい領域で
もろにその影響が購買価格に反映されたと思う

牛バブルの崩壊、サブプライムローン問題、リーマンショックに、デフレの波・・・

このいずれもの影響を受けたと思う

まさかサブプライムローン問題が、牛にまで影響するとは?と言いたかったところだけど
1つの影響は全てに反映されるのは「丸い地球は1つです」の繋がったもの同士の宿命でもあるとも思った

以前の職場は数字に支配された世界だった

そこで学んだ事は、確かに無駄ではなかったかもしれないけど
でも今さらながら数字って、そんなに絶対的支配力のあるものではないな~と思う

当時から、「orengewoodさん、数字を取るためには、どうしたらいいか?」

「数字を上げる為には、今日コレをおススメしないと、ダメじゃない」

そんな風に激を飛ばされても、どこか、冷めた感覚しかなかったですね

今日の数字が何だと言うんだ・・・

そんな目の前ばっかり、見ちゃってサ・・・

ワタシが大切にしたいのは、そこじゃない

世の中のほとんどの人が数字に支配されているといっても、いいかもしれない今日この頃ですが

いったい数字って何なんだ

例えば前年比とかって、出したり、考えたりすることは意味のないことではないと思うが
しかし、これの上がり下がりを、意識することに、何の意味があるのかないのか

牛の場合だと

今4年前の子牛市場と全く違う風景がそこには、広がっている

そこで、前年比などにこだわるのが良いのかどうか

まったく環境も、市場を支配している状態も違うのだから、そういう数字を出したところで
あまり意味がないとも思える

我が家の子牛の事で恐縮ですが、3年前がやっぱり一番高かったのですよね

でも、それはリーマンショックがまだきてなかった頃だから

それでも、3年前の牛に比べると、今の子牛の方が出来としてはいいんですよね

数字で見れば、3年前が確かにいいんだけど、子牛が本当にいいのは、今なんですよね

それって、数字に出ないです

だから数字って、あてにならないな~と、つくづく思います

前年比で比べると、今の子達が数字では負けてることになるけど、
今の市場経済の状態で考えたら、すっごく頑張っている方なんですよね

だから、いつも褒めてあげる

社会は色んな意味で確かに数字が支配しているかもしれないけど、
でもそれで計ることって、あんまり意味のないことだなと思ってます

もし、ワタシが今も前職で仕事をしていたら、
前にも増して激を飛ばされていたかもしれないと思いますケド

でも、そこをいくら考えたところで、あんまり意味ないことですよね

数字に拘ったところで・・・・

もっとホーリスティックに考えたら、数字で計れないものをたくさん含んでいるのだから

能力としては、そんな一面側なものでは見きれないでしょう

数字で並べて比較する、比べるって事自体が、愚かな事だと思いますけどね
(まぁ、出したところで、ほんの参考程度にしかならないでしょう)

長い目で見たら、数字的な損得の世界ってあてはまらないと思うのですよね

例え裕福な人であっても、一生のうちには、病気はする訳で、

そういう風に見たら、お金があっても、健康でないなら、使える訳でもなかったりするし

人間の幸福とかっていうのは、何か1つのステージだけでは、語れないものがあると思います
外見はよくっても、心や感情面で満たされないなら、一緒です

お金さえあれば、自分は満たされると思う人でも、
一生を生きてみればそれが愚かなことだと分かるハズです

以前、ワタシに女医さんが言ったことありました

お金があって、旅行にも、行けて、家もあり、オシャレをして、美味しいものでも食べられる
これが人間の幸せだと思って生きた時期もあったけど

今はそうは思わない・・・と言いました

その時、若かったワタシは、先生が何を言いたかったのか、よく分かりませんでしたが

今なら、その言わんとすることが何だったのか分かります

本当に人間っていうのは、時間がたってみないと分からない経験とか感覚とかってあるんです

広がっているのは、理屈や数字では推し量れない世界です

それを一生のうちに体感するのが人間の人生だと思います

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

そうですよね

すごいと日々思っているのは
「生きている」
普通に生活している
悩みがあろうが生きている

すごくきれいにしている同年代の方を見るとすごいな~!
あんなふうにしたらステキなんだろうな~
でも、その前に「面倒」がきてしまいます(汗)
女性美を忘れているかのように
昔はアートのように化粧をしていたのに
今はまったくノーメーク(シミも出てきて素顔はまずいよね)
一応お化粧しなくても「なんかステキよねあの人」
そんな風に言われる人になりたいんですけど(大汗)なかなか~

働いていた頃
私も売り上げに追われる
前年比から予算を立て目標を達成する
数字目当てなら何でも勧めて売り上げを伸ばせば良いのか?
疑問を持つようになりましたわ♪
それだけをクリアして何になる?

相手に気持の良い態度をとるのはなかなか難しい・・・
話がずれて~ごめんなさい!!

2010/02/03 (Wed) 15:49 | ももまん #nQ5bPT7s | URL | 編集
こんばんは♪

ここ近年”営業向けだね”って言われます。いろんな方に。
ただ、私の営業向けは、おそらくごく世間の人が欲しがる営業向けには当てはまらないでしょうね。
数字に縛られるのが苦手なので(笑)

そういうプレッシャーをかけられると、逆に仕事に窮屈を感じて、せっかく楽しむ仕事も楽しめなくなって嫌になるでしょうね~。

興味がある人は寄ってくる訳で、そういう人に対して説明したりするのは好きですね。
だから、営業向けだとほめられても、必ずその点だけは伝えます。

何が何でも売ろうとするその気持ち、自分が納得してないものを良いものとして売るのは嫌いなので・・・。
きっと私が営業の仕事をすることになっても、自分がいいと思っているものにしかなびかないでしょうね。

いつからそんな数字やお金だけに目がくらむようなものになったんでしょうねぇ・・・。

2010/02/03 (Wed) 18:32 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
ももまんさんへ

本当ですよね・・・
ただ生きているってこと自体が凄い事なんですよね・・・

今思うのはその人がその人らしく生きているっていうことが、素敵だなぁ~って思えます

それは、欲張って背伸びするでもなく、人と比べて卑屈になったりすることでもなく、
その人が、自分にある能力を信じて、日々を送っている、生活していることに、魅力を感じます

前職はというか、基本的に民間の企業は、どこも数字に支配されている「場」ではあると思うのですが、でも、それっばかりじゃないでしょうって思います

わざわざ、そんな狭い世界に自分をもっていって、鞭打って、喜ばせることないじゃないですか

この世界をよくするって意味を勘違いしたり、取り違えたくないな~って思いますね

2010/02/04 (Thu) 14:27 | orengewood #- | URL | 編集
yu-koさんへ

ワタシも、yu-koさんと同じような感覚だと思います
何でもかんでも、売って、目先の、お金になればいいとかって思う事は、できないですね

人間の努力っていうのは、お金を稼ぐ為に、あるのではなく、
そもそも自分の能力を高めるためにあるもの、、、数字に支配されているということは、
どこかで、このあたりの感覚を取り違えたんでしょうね・・・・

きっとこれも古代からのカルマ、因縁だと思うんですよ

これから先は、もっと、こういう感覚について、問われる時間が多くなると思います

その時、それぞれが、何をどう選んで生きていくかですよね。。。

2010/02/04 (Thu) 14:34 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する