猫ちゃんといっしょ

2オレガノ猫

この子、茶色ミィが、後ろの横の方から、毛がごっそり、無くなっているのに気づきました

たぶん、部分的なので、怪我の可能性も高いのだけど、つるつるの皮膚だけが見えていました

何か野生の動物かなにかにやられてしまったのかもしれない・・・

そこで、牛乳にアーニカ200Cとエマージェンシースプレーの水ポテンシーを入れて
あげておくことにしました

茶色ミィは、一時期すっかり姿を見せなくなった猫ちゃんでした

その時期が、不思議ですがチャトランが、頻繁に我が家に現れはじめた時期と重なっていました

そして、チャトランが亡くなった次の日から、また姿を現すようになった猫なのでした

チャトランと茶色ミィは、血の繋がりがあって、チャトランは妹で、茶色ミィはお兄ちゃんなのです

チャトランとは対照的な性格の子です

チャトランは、好奇心旺盛、活発で果敢な性格の持ち主でした

結局は、その気質こそが、この子の命を縮めてしまったと思うのですが、

茶色ミィは、温厚で慎重派です

カルカーブ的(牡蠣の殻からできるレメディ)な感じです

この子は兄弟家族の中でも、どうやら、いじめられっ子のようでした

おそらく、茶色ミィは、果敢なメス猫の妹チャトランから

「お兄ちゃん、下にいったらダメだよ、あそこは、アタイのなわばりだよ」

と言われていたのでしょう・・・

強い兄ならともかく、
気の優しい茶色ミィですから、すんなり、その言葉を守って
我が家には現れなくなりました

チャトランは、上の猫家族の中でも、一番の大将気取りのようでした
(まさに、草食男子、肉食女子の典型です)

そんな中、お兄ちゃん達は、妹分のチャトランには頭が上がりませんでした

すっかり姿を見せなくなっていた、茶色ミィ

チャトランが亡くなった途端に現れるようになりました

不思議といえば、不思議な現象でした

動物って、観察すればするほど、ほぼ人間関係と同じだな~と思って、色々面白いですね

茶色ミィは、
今日、アーニカ&エマージェンシースプレー入りの牛乳を飲んだことがとてもうれしかったらしく

ニャンコニャンコないて、ワタシの足に、ありがとう、ありがとうと言って帰りました

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する