女一代記

淀殿

牛にだってプライドはあると思う・・・

彼女は、黒毛きょうこさんの母上の淀殿

淀殿は、ワタシの大好きな種牛、忠富士の子

忠富士の子は、揃って大柄で、気質も気持ちも優しい子が多い

黒毛では珍しい温厚な性質の持ち主なのだ

・・・ところが、我が家の淀殿は忠富士の血を受け継いだ子でありながら

とんでもなく、気性が激しい母となってしまっている

餌をやりにいっても、すっごい勢いで、顔を振り回し、肋骨強打されかねない
お隣の奥さん、石松クンの母上マロンさんもたまったものではない

マロンさんからしてみれば、お市の方が去った後に、さらなる悲劇の淀殿の頭突きを受け
まったく、マロンちゃん、君はついてなさすぎるよ・・・・と思う

思えばマロンちゃんは、ワタシが実家に帰って育て上げた

第一号の母牛だ
(この子はまだホメオパシーをやっていなくて育った母牛になります)

マロンちゃんは、本当におひとよしな子で、よそのちびっこ達が3頭ぐらいで自分の乳をもらい乳にきても
追い返すこともないし、お隣の奥さんに頭突きをされても、

我慢してしまうような優しい子なんですが

淀殿は違います

もともと淀殿の母上は、子牛セリ市で買って育成した子の秀子さんなのですが

秀子さんは、同じ町内の牛好きな、おじいちゃんが手塩にかけて育てた子でした
その育て方の丁寧さは、昔の人なので、話を聞いただけで、ちょっと涙ものでした

それこそ、1回だって、お尻を汚さず育ててこられた牛でした

小さなおじいちゃんですが、
どんな日も、落ち葉をひいて、可愛がって育ててもらった子のようでした

我が家に秀子さんが来た時、その話を息子さんから聞いて、決してこの子を不幸にさせてはいかんな~と
じいちゃんをがっかりさせたり、悲しませるような育て方をしたらいかんと、心に思いました

おじいちゃんも、もう随分年をとられたこともあって
去年牛飼いをやめられたようでした

それでも、おじいちゃんは、根っからの牛好きなので、品評会にはいつも杖をついてこられます
きょうこさんを品評会に出した時も、じいちゃんに、孫のきょうこさんを見てもらって

とても喜ばれていたので、ワタシも嬉しく思いました

しかし、秀子さんは温厚な母牛ですが、その子の淀殿は、父が育てたということもあって
とんでもなく気性が激しい子です

父は最近も、どうやらりかちゃんの調教にも失敗した様子でしたし
ある意味で、父は牛を興奮させてしまうような接し方をしてしまっているな・・・と

この世界はミラー(鏡の法則)の意味が客観的によく見えてくるような感じです

外(側の在り方)は、結局自分の内(側の在り方)を現している

淀殿は気性も激しければ、プライドも高い女性です
とても気位が高いところも見受けられます

この子は、郡の共進会に出て、セリ市に出たものの、
町一番の牛職人の方が競って、父がボタンを離さず、我が家に持ち帰ってきた子でした

この子を淀殿とあだ名したように、どこか、そんな生き方を思わせるところがあります

そして、彼女の娘のきょうこさん
きょうこさんの横顔

きょうこさんは隠れホメオパシーをやって育ってきた子ということもあって
また母牛の淀殿とは、雰囲気から違います

きょうこさんは、牛の世界では美女に属するお顔立ちです

この写真でも、どこか気品を漂わせているように思います

特に流し眼なんて、超お得意技で、お色気をプンプン匂わせるようなメス牛となりました

見ていると、かわゆさをアピールしてきた、りかちゃんなんかとは全く別の生き方だと思います
我が家の牛で、きょうこさんほどの、風格と美貌の持ち主は、まだ他には出ていません

これぞ女王の道といったところでしょうか。。。

さぁ、オリンピック女子フィギィアスケート誰が女王になるのでしょうかね・・・

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する