方向性

最初のうちは、もちろんそんな思いじゃないのだけれど

そのうち、どんどん、色んなことが、もうどうでもいいというか、

それってそんなに気にする必要のあったものなのかなとか、

それって、そんなに大事にするほどの事だったのかなって、、、思えてきて

人よりも、すっごい冷めたようなところは、ワタシにはいっぱいあると思います

鬱になってまで色んなものを失ってまで、人様、世間様には無理をしてまでも、合わせられないですよね

良く分かりました

ホメオパシーを長年やっていったことも、理由には挙げられると思いますが

そもそも、ワタシは外界に合わせられる程、器用ではないんですよね

そのことが、ホメオパシーをやってハッキリ分かったことなのかもしれません

自分を押し殺したりしませんよ、ワタシ・・・

これは学びました

今は、自分の好きなことのみにエネルギーを注ぐ生き方に変わりました

そうしさえすれば、全て上手く廻っていくことも分かりました

以前はこんなに努力しているのに、ナゼワタシはいつもこんな目にと思ってましたが

そもそも努力の方向性が違っていたと思います

力の向きが違っていたのです

ようするに、向かい風の中、わざわざそっちの方向に、あらがって進もうとするから

すっごい努力しているのに、報われないみたいな気持ちになっていたのだと思います

だから疲れるのです

波長の違う方向性に行こうとすると、ものすごく疲れます

疲れるということは、やっぱり、どこか違うのかもしれない・・・

今はそれが分かります

だから素直に生きていると思います

特に何に合わせたい訳でもありませんし、いい顔する必要もないと分かりましたから・・・

ただそんな中にあっても、どこか「本質」っていうものは、あるのだろうと思います

それは、自分流、自我流とは一線を画するものだということも分かります

ある種の琴線ラインは存在していると思います

鳩は野に解き放たれながらも、実はポイントを掴むことは知っている

何でもいいんだったら、どうやったってよさそうなもんなのだけど、そうじゃない何かはあるのですよね

そのあたりが、深いところなんでしょうね~

気づきとしても・・・

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する