黄砂に吹かれて

コチラは黄砂が舞って、風も強風です、春風ももはや台風なみの強さです

さて、昨日、またもや発見してしまいました

椿さんのお乳にイボに引き続き、今度はきょうこさんのお乳にさらに大きいできものが・・・・

すっごい大きいできもので、ちょっと衝撃を受けてしまいました

思えば、しばらく前に、ソワソワして、痒がってお尻を板にこすりつけていたのですよね・・・

きっとこの時ぐらいから、異常があることを知らせてくれていたのに

いつもの虫刺されだと思って、放っておいたのです

いけませんね・・・

あれほど落ち着きがなかったのだから、もっと気をつけてあげるべきだったのです

もともと、きょうこさんは、以前にも乳首が血だらけになっていたこともあって
時々、チェックはしていたのですが、

もう大きくなったからと、ここまできたら大丈夫だと思って気を抜いていました

そして昨日、ふと見た乳首に仰天することになりました

牛の乳首は4つあるのですが

その1本が2本あるかと思うほど、大きいできものが乳首についていたのです

最初はフンかと思いました

しかし、よくよく見ると、それはフンではなく大きなできものです

その周りに小さな血痕があり、ブツブツもありました

たぶん虫刺されからだとは思うのですが、

そこから炎症を引き起こし、大きな腫れものとなっているようでした

牛はよくこういった虫刺されから、外陰部やお乳などの腺系に沿ってブツブツができるのです

外陰部にもやっぱりブツブツができていました

そこで、まずファイトラカ(ヨウシュヤマゴボウからできるレメディ)200Cを水ポテンシーにして与えつつ

乳首にはカレンデュラのハーブチンキをシュッとスプレーしつつ、様子を見ています

今日見てみると、できものはそのままですが、乳首が昨日よりキレイな感じにはなってました
小さな血痕は消えていました

しばらく様子を見ていきたいと思います

きょうこさんは今たぶん妊娠もしています

乳首は出産に備えても、とても大事な部分ですから、
今のうちにキレイにしておかないと色々と大変です

ワタシも早めに気づいてレメディを投与してあげたらよかったのですが、遅れてしまいました

できものができていると、お乳が張ってきた時や
子牛が吸うと痛いので蹴って育てなくなることもあるので、見つけたら早めの対処が大事です

ファイトラカは乳腺腫瘍や乳癌にも考慮に入れられるレメディです
(もちろんこの病気だから=ファイトラカがヒットするということではありません)

乳房痛、乳首のひび割れなど、女性に非常に重要なレメディの1つだと思います

レメディを投与しつつ、しばらく様子を見ていこうと思います

椿さんの乳首の2つのイボは、シナバリス200C(辰砂からできるレメディ)の3日間の投与後
ファイトラカを引き続き投与していて、

少し小さくなった気配があります

この子もまだ経過観察中です

ホメオパシーの場合、レメディを投与しつつ、経過観察していきながら、しばらくすると
キレイになっていることが多いです

治癒のスイッチが入ったと分かると、リピートをやめ、自然治癒に任せます

まぁ、今回のきょうこさんの予後はできものが大きいだけにどうなるか、まだ分かりませんが

出産に向けてキレイに治癒してくれると嬉しいですけどね・・・・

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する