今日はバタバタ

本日は朝からバタバタでした

父が電話をしているなと思ったら、獣医さんに予定日超過10日の大ちゃんの母親
竹子さんに陣痛促進剤の注射を頼んでいるようで・・・

またいらん電話を・・・と思いながら聞いていると

職員の方に、色々言われて、まだ打たなくていいのでは?と諭されたよう

ホッとして

しかし、もう猶予がないので、
(二週間をすぎると、陣促を打たれてしまう可能性が高い)

コーロファイラム(ルイヨウボタンからできるレメディ)を投与しようと、思いつつ
牛舎に向かうと

今度はアトムの様子がヘンだな?と思い

しばらく見ていると、どうやら、この子は足の調子が悪いよう

そこで、アーニカ200Cとエマージェンシースプレーで水ポテンシーをつくり与えにいくと

どうも下半身がプルプル震えているように見えた

おかしい・・・

これは足だけが悪いのか?

自問自答しつつ、しばらく様子を見ていいても、震えは収まる気配はない

寒いからこうなっているのか

でも3月だぞ

そこでゲルセミューム(イエロージャスミンからできるレメディ)30Cを入れ込み
さらに投与

すると、さらに震えているではないか?

おいおい大丈夫なのか?

そこで、慌てて、父に言うと

これは寒いから震えているんだという

本当か父?大丈夫なのか?
こんなに震えているのは、寒い日でも見たことがないが・・・

「テントをはやくしめろ」と父が言うので

母牛の椿さんに、アーニカ200Cとエマージェンシースプレーの水ポテンシーと
細胞組織塩類のアクティブソルトを投与し

フン掃除を急いでやって、テントをしめた

しばらくすると、アトムは
母牛が青草を食べはじめると、横に来て、食べたい仕草を見せるので与えるとモグモグやりだした

ちょっと胸をなでおろした

その後、やる気になったか母牛のおっぱいを吸いつきだして、震えは止まったようだった

良かった良かった

心配したぞ、アトム

足は日にちがたてば治るだろう

・・・・と思いながら、今度は、はやとクンの母牛だったつちこさんことつっちーが、

いつもは、餌をモリモリ全部食べるのに、残して、後ろに下がって戻らない

大丈夫なのか?

出産2か月前で、お腹が張っているのだろうか・・・

そして、今度は、きょうこさんの乳首の確認を

相変わらずの乳首のできもの
小さくなる気配は、ない

しかし、あのお顔のイボはやっぱり減ってきた

カンサリスで治癒が促進されたのだろうか

昨日より、カンサリスから、シナバリス200Cにレメディを再び変更した

そのせいかもしれないけれど、乳首のできものがもっと派手に吹きではじめた気もする

カンサリスで顔周辺にあったイボは減った

しかし、シナバリスで乳首のイボイボはさらに増えている気が・・・・

とにかく今は様子を見るより他ない

皮膚疾患というのはレメディの選択がとても難しいといつも思う

牛の乳頭腫はいまだ具体的な治療法は確立されていないらしい
例えばインターフェロンなども、使われるけど、効かない牛には効かないらしい

しばらくは要経過観察です

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

時期的に重なるんでしょうかね・・・
色々皆がそれぞれの症状を出してくれるので大忙しでしたね。

きょうこさんの乳頭の発疹ですが、グラファイトもしくはソーファあたりはどうでしょう?
ちょっと見てみたんですが、そのあたりがもしかしたらいい影響を与えてくれるかも??
変化なかったらごめんなさいi-201

2010/03/26 (Fri) 22:46 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

yu-koさん、ちょうど良かったです~♪
yu-koさんにも聞いてみようと思っていたところでした

ワタシもグラッファイトも頭に浮かんでいたところでした、ソーファーも合わせてやってみますね

今日獣医さんに来ていただいたので、ちょうどそのことも聞いたので、記事にしました

この乳頭腫は大きくても自然に枯れるそうなんです

たぶんレメディを投与した方がポロっとなる期間が早くなるでしょうね・・・

黄砂も降ってきたこともあるのか、続々と色んなことが起こっているようです

2010/03/27 (Sat) 13:57 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する