月の引力

満月に出産は多い、干潮に人は死にやすい・・・

月の引力はどこまで生命力に影響するのだろうか

竹子さんの出産が伸び伸びになっている

今日で予定日超過12日目となった

牛の出産は色んなことに影響を受けるということが分かってきました

女体は感情の起伏も含め、大変にデリケートなんです

その中の1つに月の引力というのもあると実感しました

この数年、やけにこの母牛は出産を引っ張るな・・・と思っていると

にわかに産気づき、出産の準備でバタバタして外を走りまわって、夜空を見上げれば
うすらぼんやり見えるのは満月のような・・・・

そんなことが、何回かありました

いや~、やっぱり満月に出産がきたかいなと

昨晩見えた月が、満月に見えたので、そう思って聞くと、あと数日で満月という

なるほど、こりゃ引っ張るハズだ

月の引力恐るべし・・・

必ずしもとは言えないと思いますが、天体の影響は大きいですね

生命のリズムと宇宙の波動のシンクロは、
目に見えない部分で日常的に起こっているのでしょうね

う~ん、神秘だわ

ワタシは父に昨日

「お父さん、あと3日で満月だから、そこまでは注射なんてよそう」と、また念を押しておきました

牛は最高予定日超過15日程度までしか引っ張れないみたいですね

人間の場合は2週間っていうのは、難しいでしょうかね・・・

今は無事に産まれてくれることを願うばかりです

今日はじゃがいも植えをしました

じゃがいも植えの日は、ナゼかいつも風が冷たい晴れの日です

それと、1頭疑問の妊婦は、やっぱり入ってた
妊娠してました

今4カ月

父の勘違いもいいところ

Iクン、覚えていてくれて、ありがとう♪

これでまた父が親牛の認識が実はできていないことが分かった(苦笑)

お~い、顔と名前で覚えとかなきゃダメだよ!

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

月は不思議な存在ですね。
確かに月が象徴するのは、「感情」「女性」「陰」など。
子供である地球をいつも周りをまわって見守る母親のようです。

それだけ脳を持った生き物たちが影響を受けると言うことでしょうか。
月が関係する金属は「銀」、銀は脳に関係します。

無事に産まれてくれるといいですね♪

2010/03/29 (Mon) 22:10 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

そういえば、ワタシは
ホメオパシー治療以前は
とても月夜に魅せられていた気がします

女性と月、関係も深いでしょうね~
銀と脳と月・・・
日本は銀の産出量の多かった国です

これほど、日本が情報化社会になったのも実は銀と脳の関係があるのかもしれないですね・・・

子牛はほんと無事に産まれてくれたら嬉しいんですけどね・・・

母牛はなんだか、今日陣促打たれる可能性高そうです

何があっても、おかしくないという気持ちで臨みたいと思います

2010/03/30 (Tue) 12:36 | orengewood #- | URL | 編集
moon*

ご無沙汰してます。campanellaです。
月の力・・・というか、宇宙の力というんでしょうか。本当に不思議ですね。
考えてみれば人間だって地球に住んでいる訳で、その地球は月や太陽、他の様々な星、惑星たちとの絶妙なバランスによって存在してる。
そう考えれば、影響がない訳はないんですよね。
生命が産まれるときや引いていくときなんて特に、生き物はみんなそういう絶妙なバランスの中で微調整しながら、存続してきたのかも知れないですね。

yu-koさんのコメントにあった「月と銀」のお話、とても興味深いですね・・・

ちょっと話は違うんですが、私はどうやら新月生まれらしいんです。
で、先日たまたまアロマで「新月」「満月」なんていうテーマのブレンドを見つけたんですね。
新月を見てみたら私の大好きなフランキンセンスがメインでブレンドされていて、おお!!と思ったのでした。
偶然なんだけど不思議。

そうそう、お産ですが、人間でも出産予定日14日過ぎると自動的に帝王切開っていう方針の病院は多いですよ。
私もそうでした。ギリギリ2週間待って、でも気配がないからって、帝王切開。
最近は「もっと自然なお産」志向で「とにかく待つ」方針の産院も増えているようですけど、産科医学的には予定日を2週間以上超えると羊水の質?が落ちて、胎児に危険な状態になるのだそうで、それで帝王切開っていうことらしいです。

でも予定日っていうのも確実じゃないしね。
生理の周期を28日と考えて計算されてるものだし。私なんか周期絶対35日くらいだったと思うし(今にして思うと)。
そう思うと、全て計算上の理屈ではあるんですよね。
まあ、そういう学術研究によって安全なお産が実現したのだから一概に否定は出来ないですが・・・
でも私の子どもも場合は、あと1日、2日待ったら生まれてたんじゃないかなー、なんて感じもします・・・

2010/04/02 (Fri) 14:51 | campanella #wYAyu/Y2 | URL | 編集
campanellaさんへ

campanellaさん、こんばんわ
こちらこそご無沙汰しております

campanellaさんの月とフランキンセンスのお話も、不思議なシンクロですよね~
きっと、目に見えないようでも、どこかで深い繋がりや縁があるのでしょうね。。。

やっぱり人間もギリギリ14日の限界なんですね・・・

予定日の話も牛の世界でも同じようなことが言われてます
あくまでも人間が出した計算ですもんね
人によって動物の個体によって、それにはバラつきがあるのが当然なんですよね

もうちょっと待ってもらえたなら・・・と思うことはあります

でも現実や現場はそれを鑑みてなかなか対処してもらえないところが、
やっぱり一抹の悲しみや心残りとかってあるな・・・と思います

子牛や母牛を見ていてもダメージが大きいぶん、
その後の心や身体のケアをが大事なんだな~って痛感してます 

2010/04/02 (Fri) 22:30 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する