NZより

ニュージーランドレメディ

ニュージーランドのリンガリンガソープさんから、ホメオパシーのレメディを購入してみました

Selene社は、ニュージーランドのメーカーさんなのでしょうかね?
Selene社のレメディは1つ1つ丁寧に手作りされていますと、サイトには書かれていました

アーニカ200C

200粒ぐらいがこの茶色遮光瓶に入っています
コチラのレメディの粒はショ糖でできているのではなく乳糖でできています

乳糖アレルギーの方は注意でしょうか・・・

*こちらのものは乳糖でできているので、
水ポテンシーにした際、ショ糖でできたものと違って、溶けた乳糖の粒が容器に付着してしまいやすいです

アーニカの200Cは牛舎には、欠かせないものと、この数年で分かったので
少し大きいものが欲しかったのです

これだけあれば、大丈夫でしょう(笑)

ニュージーランドでも、到着も早かったです

ハンドメイドソープのサンプルも一緒に入っていました
しばらく嗅いでいなかったベチバーの香りです、懐かしい~

今は個人輸入で色んなものが購入できて、便利ですね

最初にホメオパシーを知った頃は、
レメディをどこで、どう購入していいかもよく分かっていなかったですからね・・・

今牛舎では、イギリスのエインズワース社、ヒリオス社とフランスボワロン社、ドイツマリエン薬局
日本ではホメオパシージャパンさん、ホメオパシー振興会のもの、

そして今回のニュージーランドSelene社のものを

使っています

確かボーニングハウゼンが、自分の飼っていた家畜にもよく使っていたんですよね

日本では家畜にホメオパシーを使うことは、まだまだだと思いますが

いずれ、少しずつでも取り入れる人は増えてくると思います

動物の幸せは、人間の幸せでもあります

今、以前にも増して職業でなくとも、動物に心寄せる人は多くなりました

動物が一生を心豊かに生きる為に、ホメオパシーは役だってくれると思います

我が家の子牛達のかつてなかったような生き生きとした優しい眼差しを見た時に

ワタシ自身が救われたような気持になりました

人間も良くも悪くも多くのことを教える存在だと思いますが

また動物達も私達人間に多くのことを教える存在です

かつては、ただ動物達を見ていたと思います

しかし、今のワタシは、この子達が何を言わんとしたいのか、
何を訴えたいのか耳を澄まそうと思うようになりました

心は、どこにでも存在しており

人間の自らのエゴによって、この子達の心や生活すら歪められてしまうこの現実・・・・

家畜はいずれ肉になるための死を賜る宿命から決して逃れられることができません
(もちろん、人間もカタチは違えど死は避けられないけれど・・・)

だからこそ、この一時を豊かに過ごす為に、「心」ある日々が大事なのだと感じました

ホメオパシーを知って、色々知る度に、レメディを使ってみる度に、目から鱗の毎日で

全ての「いのち」は、ほんと繋がっているのだな~と、この粒を見ながら、しみじみ感じています

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

すっかり私の場合はレメディーはホメジャさんばかりになってしまいました。ケア用品もまさに、ですね。

ホメジャさんを利用する前は、コスメやスキンケア用品を作るための基材、手作り石鹸はリンガさんを利用していました。
遠い昔皮膚疾患が突然発症した時に、市販のものはとても使えず、病院で進めてもらった敏感肌用も痛くて使えなかったです。
近くのアロマショップで売ってた手作り石鹸もピリピリして合わなくて、困った時に目に留まったのはリンガさんの石鹸でした。
ここの石鹸は私の肌に合ってましたね。すごく助けられました。


機会があればまた利用したいし、今度は石鹸、ベビーソープを買いたいですね!

2010/04/06 (Tue) 21:44 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

yu-koさん、そうでしたね~
リンガリンガで石鹸を購入したお話ありましたね~

もともとリンガリンガを立ち上げられた方が、
色んな症状をもっていらっしゃって、はじめられたショップだから、
優しい素材で安心できるものを提供されているのかもしれませんよね

入っていた、ソープのサンプルもとってもいい香りで、お気に入りました

2010/04/07 (Wed) 18:27 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する