助産の際に

牛の出産介助の際に「介助器具」を使った出産があります

介助器具は子牛を引っ張る器具のことです

これにも色々種類があることが分かったのですが、
我が家はほとんどタオルとかロープなどを使ったことしかなくって

金具でできたチェーン式の鎖のような助産器具も去年買ったばかりなんです

でも、購入はしてみたものの、不器用の父はどうやら使えないらしく
二度お目見えしたことがありません

一度は去年の石松クンの時に使ったのですが

しばらくして使い方も良く分からなくなり、父あえなく断念・・・・

ちなみに、この時に石松クンは無理をして、足を捻挫してしまい
関節から折り曲げて乳を飲むハメになりました

この助産器具での事故もけっこうあるようなのです

この時に器具のかけ方がおかしいかったりすると無理をして、骨折してしまうこともあるようです

今回は獣医さんに来てもらっての助産だったので、良かったのですが

あのチェーン式の鎖のような助産器具を使った場合

どうやら、器具をかける前足の部分に負担がかかるようで

産まれて歩きだしても、どうも前足が不安定になることに気づきました

おそらく捻挫に近い状態になるのでしょうね・・・

そこで、助産器具を使った時に活躍しているのが、アーニカとラストックス、ルータです

今回の松子姫も、前足がどうしても、フラフラするので、

アーニカとラストックスを昨日より、与えてみると

今日にはだいぶ足元が安定してきました

前回の石松クンの時もこれらのレメディが活躍して、
順調に足が良くなりました

助産器具で無理をして、足がふらつく時にはとても使えるレメディ達です

ラストックスとルータを比較してみると、
ルータの方が小関節にいいようです

去年の石松クンの時は、関節より折れ曲がっていましたから最初にアーニカを与えその後
ラストックスとルータを交互にリピートで使いました

今回はアーニカとラストックスで大丈夫のようです

子牛の場合産まれた時に、助産器具を使わなくとも、

足がちょっと湾曲して産まれてくるものなどいるようですが

自然治癒で、授乳しつつ成長するうちにあまり気にならなくなるものもいるようです

ホメオパシーの場合、こういった際にも、カルクカーブだとか、カルクフォス、カルクフロアーなど

カルシウム系レメディを母牛に与えて、母乳を通して、子牛にレメディのエネルギーを伝えると

自然に湾曲が、なくなっていくとも考えられると思います

赤ちゃんの際や、成長期はまだ柔軟ですから
この時期にレメディを通して、成長を促すと、もとに戻る確率はかなり高いと思います
(やはり大人になってしまうと、今更ながらなのか、レメディを投与しても厳しいです)

授乳期に母乳を通して、レメディを投与するという方法は

非常に有効だということが分かりました

特に骨の問題には「特質すべき」、強い効果が期待できます

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは♪

人の出産で行くと、鉗子分娩のようなものですかね・・・?
牛の場合、帝王切開というわけにもいきませんしね(汗)

出来るなら自然に生まれてくれる方が良いのですが、そうもいかない場合はそれらの手段も仕方がないと言うことでしょうか。


ラストックスは大きな関節、ルータは小関節に良いと言われていますね。
首や腰、肩はラストックスだけれど、手首とか足首なんかはルータが良いそうですよね。
ルータ、ちなみに目や腱、骨にもいいですしね♪

つい最近ルータを取って反応があったので、どうやら私にはルータを取る必要があるようです・・・(苦笑)

2010/04/05 (Mon) 21:50 | yu-ko #MgIxvhDQ | URL | 編集
yu-koさんへ

たぶん、人間でいうと、鉗子分娩にあたると思います

最近は大型牛の改良が進んだ為に、難産が多くなりました

帝王切開も、牛でもあるそうですよ
我が家はまだ経験がありませんが、この間、近くで、そういうことがあったそうです

忠富士という、種牛が入ってから、特に分娩事故が多くなったので、我が家も帝王切開時のレメディも考慮に入れて用意しています

なかなか今は完全に自然分娩というのが厳しい世の中になってきたかな~と思いますが、

だからこそ、ホメオパシーを知っておいて、
最善をつくせば、母子ともに少しでも軽い状態で産前産後を過ごせるかなと、
牛の出産を通して感じました

ラストックス、ルータ共に牛舎でも活躍しています
レメディがあるのとないのじゃ、日々の回復が全然違います

2010/04/06 (Tue) 13:36 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する