ただそれだけで

次々と色んな事が起こり、バタバタしている我が家の為
写真を撮る余裕もなく、秀子さんの威嚇に会い、春山くん(はるやまくん)は後ろ姿のみ

はるやまくん

はるやまクンの光り具合はとにかくスゴイのです

この写真で分かりますか?

光るはるやまくん

はるやまクン、何の油を塗って出てきたんだい?とコッチが聞きたくなるほどの、
ビロードのような素晴らしい毛づやで産まれてきました

スーパー足長子牛の次は、スーパー光る子牛です

今回の出産2頭から、今までよりさらに光るような発光子牛になってきたような気がします

とくにはるやまクンは、ツバキ油を塗って出てきたみたいです

ふじやまくん

さて、次にかわゆいのがふじやまクンです↑

ふじやまクンの重たい頭は、お兄ちゃんだった石松クンと似ています

頭を左右にふる時も、重たくって、ブルドックがふりふりするみたいになってしまいます

起き上がる時は、よっこらしょで

うづうづしていて、お乳を飲めてるのか飲めてないのかジィ~っと、座ったまんまで

獣医さんに診ていただいた後も、元気になったかと思いきや、
再び、母牛の母乳の問題で一喜一憂しましたが、やっと、元気になったようで、安心しました

時々ぴょん、ぴょんしてみるのですが、機敏でない為、余計にかわいい感じです

全てにおいて、スロー、スローペースです

もちろんカルカーブの母から産まれた、カルカーブタイプのふじやまクンです

お隣のまるおやアトムが新しい弟分が産まれたことが、とてもうれしいらしく

かわるがわる、ふじやまクンを柵越しに、挑発しています

ふじやまクンもその挑発にのり、時々ぴょんしていますが、何しろ、この子はどんくさいんです(苦笑)

きっとみんなのところに一緒に入ったら、ズズズーっと他の子に押されてしまうに違いありません

カルカーブはどうしても、気持ちも優しいので、幼いうちや若いうちは、他の子にやられてしまいがちです

でも、カルクはそのどんくさいところが、見ていると、とってもかわいいのですよね。。。

本人はぴょん、ぴょんしているつもりでも、どこか重たげだし、
全てにおいて、ジィーっ、ウヅーっとしていて、そんなところが、まりもみたいでかわゆいのです

この子は今年の我が家のマスコットキャラクターですね~

ほんとこの子達に日々癒されているな~と思います

以前、ホメオパシーの出産のセミナーに行った時に
助産師さんが、ホメオパシーをやって産まれた子は、光ってでてくるんですよと言われたケド

ほんとかな~?って思ってましたが

次から次へと、光る子牛を見るたび、あのお話は本当だったのだな~と思いました

今年は、難産続きということもあって、
去年までの、気持ちとまた違ってきていて、いい牛をつくるというよりは、

むしろ、もっともっと原点というか、ただ生きていてくれるだけで、もうそれでいいという気持ちです

3年たって、次にもっと高めたいという気持ちもあるにはあったのですが

なんか、ここ最近の色んな出来事から、殻が破れた気がします

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰していました

お久し振りです。
出産ラッシュ(難産)、ごくろうさまです!
でも、本当にツヤッツヤですね、ホメオパシー、すごい!

そういう私は、自然出産に備えて用意していたホメオパシー達は使えずじまいでしたが、
妊娠中から出産には関係なく、日常使いをしていました。
息切れがするのでカーボベジ、とか、転んだ時にアーニカ・・・など。
(今思えば、息切れは妊娠中毒症の症状の一つだったのでしょう・・・泣)

そのおかげか、緊急帝王切開後に医師から
「この小ささで生まれて、酸素吸入器が必要なかったのはすごい事だよ!」
と言われました。きっと、ホメオパシーのおかげですね。(光ってはいなかったですが・笑)

自分自身にも、手術後にはアーニカ、ハイペリカム、カレンデュラ、カーボベジなどを
医者・看護婦に隠れて取っていました。
みんな、回復が早いと驚いていましたよ(苦笑)。

本当に、ホメオパシーを知っておいて良かった~と思う出来事でした。

orengewoodさんも、お体を大切にして下さい。
これから子牛達の成長が楽しみですね~!

2010/04/20 (Tue) 11:25 | keri2nz #- | URL | 編集
keri2nzさんへ

keri2nzさん、お久しぶりです♪
ワタシの方こそご無沙汰しております~

エリーちゃんもkeri2nzさんも、
ホメオパシーのおかげで助けられて良かったです

ホメオパシーを知っているのと知らないのでは、
その後の回復も随分違うものですよね~

日常使いされていた分、
エリーちゃんの自然治癒力もお腹の中で活性化されていたんだろうと思います

こっそりと隠れて投与してると、
ほんと先生や看護婦さんがその治りの早さに驚かれるのですよね~(笑)

これからも、子牛達の成長を楽しみに、
そしてkeri2nzさんのお子さんの成長も同じく楽しみにしております
(そのうち、セルフでレメディを使っていたら、エリーちゃんも光りだしそうですョ!)

2010/04/20 (Tue) 15:44 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する