日々

今年はやっぱり寒い!し、光線が青っぽい感じがします・・・・
(この青っぽい光線が不気味・・・太陽の活動と関係ありそうだけど)

口蹄疫のことも、終息を待ち、静観するより他ありません
(畜産県の我が県では、衝撃の年になったと思う)

口蹄疫のウィルスは、「アルカリ性に弱い・・・」ということで

炭酸ソーダの消毒槽と、消石灰を撒いて、防疫しています

アルカリ性に弱いとは知りませんでした
第一報のニュースの次の日に、獣医さんに教えてもらいました

なるほど、そんなものに弱いのか・・・と

感染力が強い為、どこまでこの防疫によって防げるのかよく分からないけど、やるのみです

あとは、牛さんの免疫力を高めれるよう

日々リラックスした環境を与えてあげることは大事かなと思っています

いつもどおりですが、エッセンシャルオイルをティッシュに垂らして、風で拡散させたり

フン掃除をまめにして、寝床でくつろげるように

ブラッシングで、リンパの流れを活性化させてあげるというような

どれも日常やっていることですが、それを続けています

今年はとにかく雨が多かったのと日照不足、
この気候と気温がとても牛の免疫力を落とす原因になっているような気がします

我が家の子牛もなかなか、症状を克服できないのですよね
いつも通りやっているけれど・・・

色んな意味で厳しい年です

そういえば、きょうこさんの乳首の乳頭腫は、劇的に大きくなっております

もはや乳首の何倍あるでしょうか

日々成長を続けております(苦笑)

獣医さんのお話では、いつかとれるということで、最初にK先生に教わった後
S先生にも言って見てもらうと、とれるから・・・ということで
(とくに気にもされず・・・)

そのままの状態になっていますが

日々すくすくと、子供が成長するように、乳首イボが成長しています

本当にとれるのかな?とちょっと疑問ですが

取れると言われているのだから、いつか落ちる日がくるだろうと、待っています

グラッファイト(黒鉛からできるレメディ)30Cのレメディを、水ポテンシーでリピートしています

おかげで、乳首の全部がブヨに刺されまくって、ジュクジュクしていたのですが

それはキレイになりました

途中、化膿しかかっていた時には、
カレンデュラのハーブチンキとカルクソーファー(硫酸カルシウムからできるレメディ)を1粒投与しておきました

この乳頭腫が大きくなりはじめたぐらいに、
顔や他の部位にあった、いくつものイボが無くなっていったことを考えると

全部乳首の乳頭腫の方に行ってしまっているのだなと思いました

だから乳首のイボが成長を続け、「親分」みたいになっている訳です
(このお話はハーネマンの病気の説明の話にあった現象では?と思う)

これだけ大きくなった乳首イボ

ポロリと取れた時はきょうこさんも軽くなって、スッキリしてくれると思います

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

牛さんたちの

無事を祈るばかりです・・・
やれる事はやっているから後は話しかけるしかないですよね。

2010/04/30 (Fri) 21:01 | ももまん #nQ5bPT7s | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/30 (Fri) 23:29 | # | | 編集
ももまんさんへ

こうなってくると、
いつもの何気ない風景の尊さを感じますね・・・

あたりまえのことの大切さっていうか

日々終息と無事を祈るばかりです

2010/05/01 (Sat) 21:12 | orengewood #- | URL | 編集
キーコメさんへ

キーコメさん、はじめまして♪

そうでしたか・・・
このあたりも、受け付けは急患のみになりました

キットなど役にたってくれるとよいですね

なかなか獣医さんを呼べない状況の中、少しでもできることがあるかもしれませんしね

検索でこられたレメディなのですが、
ボーラックスやフォスフォラス、根本体質レメディなども選択肢の1つとしては考えられるようです

2010/05/01 (Sat) 21:22 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Real voice RYU [DVD]出演:RYUキャメロンG発売日 2010...

2010/05/05 (Wed) 18:22 | お買い得連絡通信