行く末

いまだ、見通しのたたない状態の口蹄疫・・・・

政府は対策は打ち出しているものの、当たり前ですが、進んではいません・・・・

大型動物ですからね・・政府もこの子達のパワーを机の上でばかり考えているゆえ、
どういうものか分かっていないのではないでしょうか?

肥育牛なんて、男6人がかりでも、厳しいのですよ

リングワクチンのうえ、空白地帯をつくるっていってるけど
実質それは物理的に、今のままでは、無理なのではないでしょうか???

それに今まで循環していたものが、ストップされたということの恐ろしさ・・・・・

子ブタは次々産まれる、子牛は産まれる・・・・

大きいところなんて、詰まってしまって、溢れんばかりですよ(この先どうなるの?)

でも九州圏は稼働はしていない

農家は資金もストップしている・・・
(融資といっているけど、畜産農家がリーマンショック以前から、どういう資金状態にあったか知っているのですか!!)

口蹄疫を発症したところの処理は進まない

このまま、農家はこの子達と一緒に谷底に落ちるしかないのでしょうか?

政策と、現実の実行が、まったく伴わず、このまま私達は、どこまでいくことになるのでしょうか・・・・

口でペラペラ~と、言うことは簡単だが、行うは難しですよ

今日もすみれちゃんは、元気でした
勝気です、すみれ

たぶん早朝4時前から脱走をしており、近所の人から
「脱走しているよ・・・」と告げられ、外を見ると、ピョンピョン走りまわっていました
(どうりで、暗いうちから、親牛が鳴いていたハズです)

すみれちゃんは、今年NO1のお転婆娘です

去年のりかちゃんに続く、やんちゃ姫です

目つきがこの間から脱走を狙っている目つきでした

それに、おっぱいを飲む時も、自分の母親からたっぷり飲んでいるのに
他のお母さん牛達からも、いただきます!!です!!!

時々、ワタシにつっかかり、遊んでやらないと蹴りをいれることも忘れていないようです

とんだ不良娘です・・・・

この子達は、まだ何も知りません・・・・

口蹄疫の炎は、この子の叔父である事業団の種牛をも飲みこみました

事業団にいた、新規種牛の49頭は、死んだものと思っていたのですが、
生きていることを、しばらくして知ることになりました

しかし、副大臣のコメントでは、殺処分、これに逆らうことは、法令違反と言われているようです

主力であった忠富士が感染しており、ノアの箱舟の移動の残りも危険率が高い為
49頭には生きていてほしい気持ちは、心情的にはありますが、言われるとおり厳しいと思っています

いつか、晴れる・・・
しかし、このままでは現実は晴れる前に、遅々として進まず

私達は結局のところ、終わってしまうのではないかなと感じてしまいます

危機管理できていない国というか、平和ボケというか、

頭の中でばっか考えて、重労働の肉体的経験がないからイザという時に
実行に移すことができないし処理することができない状態に陥っており

改めてその怖さを日々肌身で感じています

この国ほんとどこにいくんだろう・・・・

コチラはJA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓

ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する