飛び火

昨夜、都城に飛び火した可能性がある事を知り、写真判断でクロの可能性が高く、ただちに殺処分
そして今日検査の結果陽性が出てしまいました・・・・

みんなが恐れていたことです

どうして、こうも、宮崎県の畜産の主要な場所ばかりを狙ったかのごとく、次々と発生するのか

この場所は、また、高原の試験場といって、事業団(城)に続く、重要な施設の近い場所で
大事なメス牛さんや若い候補生などが生活をする、「大奥」のようなところでした

さらに、宮畜の屠場がある場所です

城も、大奥も、屠場も・・・・

いったい、これからどうしていったら、いいのか・・・(涙)

この都城をなんとしてでも、食い止めなければいけません

隣接県に鹿児島県があります
この県も、日本有数、いえ日本一の畜産県なのですから、絶対にいれてはいけません

なぜ、この畜産先進県(もっとも畜産が盛んな地域)で、
この悲劇が起ったのか・・・と、哀しくなります

都城は児湯地区の、何倍もの畜産農家があります

絶対に阻止しなければ、もうどうしようもないのです

ワクチン接種で発生数は減ったように、思えるのですが、
実際には、このワクチンは完全に蔓延を止めるという事ができません

それが前提条件なのですから、口蹄疫の防疫は、アジアというか世界で発生している限りは

ずっと、危機意識を常にもっていないとダメだと思います

これから先の時代は、よほど個々の高いモラルがないと、
どんな職業でもこの現実世界では、やっていけないと思います

ワタシは、以前の口蹄疫の件もあったので、常に危機意識はあり、
それゆえ、自然療法を、牛舎にも取り入れたのです

しかし、こういう風に、蔓延してしまうようだと、
最後まであきらめてはいけませんが、個人の努力もただ虚しいだけです

口蹄疫などの、法定伝染病については、これから先、常に火種になると思います

よって、やはり、国、県、JAや関連機関と、畜産農家個人と一般の方も含めて、
補償や対策を講じるようにしなければ

食の安全から崩壊してしまいます

口蹄疫は国をも滅ぼす・・・

これは、大袈裟ではない、表現だと思います

今回、宮崎県で起こった口蹄疫は、人間の書いたシナリオがあったのかと疑りたくなるくらいに、
主要な場所ばかりに次々と発生しています

口蹄疫が発生した当初から、これはただの口蹄疫じゃない・・・・
それゆえ同業者の間で騒然としてきましたが、それが現実になっていくことが、怖いです

畜産業は、非常に他の経済への影響が大きな分野でもありました
宮崎県の畜産が崩壊すれば、肉だけの問題じゃなく、その全部に影響をすることになります

人間はみな繋がっているんだという高い意識のもと、一般の方へも、引き続きご協力お願いしたいと思います

食は人間の基本です、流通がストップすれば、
普通に食べるという当たり前の行為でさえも、日常の中で危うくします

地方で盛んであった、
第一次産業が衰退するということは、どういう未来になるのか・・・ということ・・・・

いますぐに流通の全てがストップするわけではないので、(今答えの出る話ではありませんが)

危機感のない人もいるかもしれませんが

口蹄疫を機会に真剣にぜひ今後の人間のあり方として考えてもらえればと思います

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓

ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします



見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する