良かったら・・・

やまけんの出張食い倒れ日記←口蹄疫を考えるのカテゴリーにあらかじめリンクしています

みなさんは、やまけんさんをご存じでしたか?

ワタシはやまけんさんの事をしりませんでした、でも、入ったブログでリンクをされている方が多いので
以前に何度か知らずに入ったこともあります

そこには、印象的な食材や料理、そしてそれをつくっている、作り手である
印象的な人とその考え方生き方がキレイな写真と共に紹介されているものです

今回、口蹄疫について、色々ネットを歩きまわっているうちに、
コチラのブログが再度紹介されてあったので記事を読みました

良かったら読んでみてください

私達が綴るものとは、また別の視点から、口蹄疫を考えられる、見れるかもしれません

一応、全部の口蹄疫の記事がまとめてあるので、
ザッとでも、ずっと下まで、目を通してもらいたいのです

やまけんさんのブログは特に口蹄疫の事でなくとも、
未来を背負ってやっていこうと思われる方は触発される内容は多いとは思いますが

口蹄疫を考えるのカテゴリーで、懐かしい赤牛さんの事が5月23日付で書いてあります

この赤牛は、かつて、我が家で、飼っていた子です

熊本阿蘇の赤牛です

今は黒毛ばかりになってきていますが、阿蘇では赤牛が顕在です

もし、宮崎県から口蹄疫が出たら、希少種のこの子達まで、淘汰の対象になる事を危惧されている内容でした

肥後の赤牛は、本当に数が少なくなりました

我が家は県境ということもあり、もともと赤を飼っており、途中から黒毛に変わったのです

黒毛の方が経済価値が高いとの理由から、どんどん、農家は赤牛から切り替えていったのです

ちょうど、我が家は、ギリギリ頃は、確か黒と赤と2種類が牛舎に、いたような気がします

そして、黒と赤と、獣医の先生が各県から往診に来られていたのです

我が家はある意味、今では考えられないほど、不思議な場所で畜産農家を営んでいたと思います・・・
(それゆえ、アタシは今でも、どっちつかずの、精神的、肉体的ジプシー癖があるのかもしれません)

小さい頃、はしゃいで、各県の2人の先生達をお迎えしていたあの頃の風景を思い出すと、
二十数年後このような結果になるとは当時、幼い心では、想像しえませんでした

それぞれの先生方がそれぞれの県で、今、大変な立場に立たされており、仕事をされています

ワタシも県境で色々思いは揺れ動きました

我が家は赤牛で、種牛候補をつくってきた過去などもあり、
黒牛になっても赤牛に対する愛着も今でもあります

赤牛の人気は黒毛に劣るような言われ方もしましたが、
でも赤牛の肉はとても、ヘルシーで重たくならず、食べやすく、ワタシは大好きなのです

そんな牛さん達が、今、口蹄疫という恐ろしい災禍の為に危機に立たされることになりました

九州で発生した口蹄疫は黒牛も赤牛も飲みこもうとしていました・・・

運命・・・それは、本当に過酷なものです

今回の口蹄疫は、宮崎県にとっては、とてつもなく大きな出来事です
これから少なくとも、10年は、再生の為にかかります

でも、この宮崎県で、起こった口蹄疫は、隣県をも脅かしてしまいました

九州圏では、ごく一部を除いて、市が止まり、大変な思いをされています、
被害に遭われているのは、実際には、もっと多くの人達です

宮崎県民お断り、宮崎ナンバーお断りの風評被害も、ワタシは理解できます
だって、反対の立場になったら、、、、と思うと、、、、
(でも、やっぱり心は痛みます、早く終息してほしい・・・)

梅雨時と重なり心配事は、これからも絶えませんが

とにかく、これから先、口蹄疫が、これ以上、広がらないよう、毎日、願うばかりです

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします



見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

ありんくりんさん、紹介

こんにちは

天気予報はず~と雨なのですが、
宮崎市内は午前中~3時位までは曇でした。
雷雨が小1時間程で止みました。
児湯地区はどうなんだろう、と空を眺めています。

こちらのブログはご存知ですか?
冷静に口蹄疫問題を考察されています。
参考になることもあるかもと思います。

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/

2010/06/22 (Tue) 16:41 | 工房Spin #- | URL | 編集
工房Spinさんへ

Spinさん、こんにちは
今、コチラはまた激しい雨です
児湯地区周辺はどうでしょうか?
梅雨前から、心配でたまりませんでしたが・・・

恵みの雨の梅雨空にも今年ばかりは、溜息です・・・

ブログのご紹介ありがとうございました
コチラのブログは知りませんでした

他の牛の掲示板等でコメントされてる方々も、盛んにコメントしていらっしゃいますね

ありんくりんさんの書かれているように、
この口蹄疫の底には、色んなものが沈んでいて、
見直さなければいけないことは、たくさんありますね・・・・

なんか、ちょっと思ったのですが、
今だ日本は竜馬が生きていた時代の幕末の藩政のような状態なのかもしれないですね・・・

それがずっと時代が変わっても根っこで、続いているのかもしれないとも感じます

数日、感染の報告はないのですが、雨降りも気になりますし、、、
油断はできませんが、このままいい方向にむかうよう、祈るばかりです

2010/06/22 (Tue) 18:46 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する