命のリレー


宮崎さんの豚さんをどうぞよろしくお願いします~
きなこを食べたきなこ豚さん

我が家の子は、実は、このきなこ豚さんのはざま畜産さんに行っているとばかり、思っていたら・・・
(はざま畜産さんは、牛さんも豚さんもどちらもいます)

そうじゃなくって、さこまちくさん、迫間畜産さんの方でした

はざまとさこま・・・・似ている・・・・

牛さんの方が宮崎迫間畜産さんのものです
ネットを廻っていたら、なんとこのもっとも厳しい時期に新規で楽天の出店をされたようだったので
すがさずリンクしました
(この力強さこそが、宮崎の牛飼い魂ですね・・・)

牛さんはみんな無事みたいで、良かった~



宮崎の豚さんも、宮崎の牛さんも、どちらも頑張れ~!!!

迫間さんに去年、飼われていったのは、この子

母牛

お腹の中に7~8カ月の今生き残った5頭の中の1頭、スーパー種牛の子、勝平正(かつひらまさ)を
宿して、飼われていった子でした

お腹の中の赤ちゃんは、元気で今も過ごしてくれているだろうと思います

お腹が臨月間近だったので、負担にならないよう、近くのところに飼ってもらいたいと思っていると

ちょうど宮崎県内で、長旅にならずに、良かったな~とホッとしたのでした

この母牛さんの子が、例の怖い顔で頭をぶんぶん振り回す広島に飼われていった、お市の方でした

りかちゃんの母

そしてお市の方の子が、キャッシーと、椿さんと、りかちゃんです

キャッシー

おねえちゃんりかちゃんの

りかちゃん秋

例の女系家族御一行様です

ちなみにキャッシーの子がまるおで
まるおです

椿さんの子がアトムです
アトムその1

こう並べてみると、命のリレーが続いていて、
あぁ、なんだか感慨深いものがあります

こうやって、命を繋げながら、いつか、みなさんの食卓に上ることとなります

ほんと、この数年間自然療法ホメオパシーなどを取り入れて育ててきたので、
下に行くほど、顔つきが変わってきたのが分かります

豊かな表情をするようになりました

どんどん優しげな表情をするようになり、父が育てていた頃より、気質も温厚になってきました

迫間さんのところに行ったおばあちゃんは、もともと生産されたのが、我が家ではなかったですから

とても優しいおばあちゃんだったのです

ちょうど、この子を売った直後に、選挙の応援がてら、生産農家さんが、我が家に見に来られ
いなかったのが、本当に残念でした・・・

お店のスーパーなどで、ただお肉を見ても、
それまでのドラマを消費者の方が見る事はできないのかもしれませんが

こうやって綴っていくと、生産されるまでに、様々な出来事があり、思い出があり、思いがあり、日々があり

ずっと長い年月繋いできたもので、
そう考えていくと、今回の口蹄疫は、心から痛ましい出来事でもありました

それぞれの生産農家での、思い出がいっぱい詰まった豚さん牛さんです

どうか、これからも、末長く宮崎を・・と願っています

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします



見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する