受精

今日待ちに待った種付け受精を1頭頼むことができました

このあたりは、7月16日から生産検査と人工授精の業務のみ開始されました

我が家のほんとんどの母牛がお腹は空っぽです(大汗)

この先どうなるか・・・・は相変わらず未知数で、分かりませんが
とりあえず以前のというか3カ月前の風景だけは、再び戻ってきつつあります

今日付けてもらった種は、ノアの箱舟にのった生き残りスーパー種牛5頭の中の1頭、安重守でした

安重守の事は、受精師クンとも口蹄疫前から、つけようと話していた子でもありました

このあたりの地区の多くの人は、まだ安重守の存在を知りませんでした

種牛の評価というのは、その存在が広く知れわたるには、時間がかかるのです
(しかし、近年は広く知れ渡ったと思ったら、もう次が・・・の繰り返しでした)

種牛として今名前が上がってはいても、

肉としての、枝肉市場で評価されなければ、それが子牛のセリ市にまでは、反映されず、
結局、繁殖の中で時間がたつにつれ、人気が無くなり、あまりつかわれなくなっていってしまいます

生き残った5頭のうちの1頭福之国は、もう年齢的に後半で、今後はあまり期待はできません

そうすると残り4頭です

勝平正

美穂国

安重守

秀菊安

この子達が将来を背負うことになります

必然的に4頭の王子の肩には、非常に重い責任がのしかかっています

果たしてこの4頭で乗り切れるのでしょうか?

・・・・・・・

口蹄疫は蔓延して行く最中、次々と感染し、
種牛までもを失っていく最中には考える事ができませんでしたが

いざ種付けは再開したものの、これでこの先もつのかが心配です・・・

ちなみに、この5頭も同業者の間では、いまだくすぶり続ける火種のような存在でもあると思いますし・・・・

う~ん、、、、

まぁ、アタシが1人でうんうん唸って考えてもどうしようもない事でしょうから、
もうこのまま先でどうなろうとも流れ流れるしかないですね・・・

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する