子宮

やっと受精が再開された為、連日のように発情の牛に種付け(人工受精)を頼んでいます

牛の世界も繁殖障害といって、発情、種付け、妊娠、出産が上手くいかないことがあります

以前は牛が子宮内膜症とかにかかるとか考えた事もなかったのですが
(・・・というのも、子牛は簡単にできるものと思っていたので・・・)

でも、やっぱり、あるんですよね・・・

去年は、淀殿は、排卵が上手くいかず、卵が飛ばない為、3回も子宮洗浄をしました

その後にできた子牛お腹の中で順調に成長はしていたものの、今年ひどい子宮捻転で亡くなりました

次に天照之母さんは、子宮内に汚れ?が・・・ということで、1回子宮洗浄をされました

そして今年すみれちゃんを産むことができました

すみれちゃんは小さいけれど、とっても元気な女の子です

2頭は明暗を分けたカタチですが、なかなか、繁殖という仕事は難しいものなのだと、
ここ数年で感じはじめたところでした

宮崎では、ここ数カ月口蹄疫の為、種付けできなかったのですが、

ただその間に、何頭かが、発情の際の粘液が、ちょっと濁っているということで、

こういう事が続くと、人工授精が上手くいかず難しい訳で

本来は発情の際に、「透明のスーっと流れおちるような粘液」でないといけないのですが

それが、ちょっと白っぽく濁っていたり、黄色かったら、
それは子宮内で、異常があることを知らせています

そこで、獣医さんに連絡して、治療と共に、子宮内洗浄となるのです

それでも上手くいなかったら、その母牛さんは、残念ながら、このあたりでは成牛市に出されることになります

よそでは、広い牧場に連れていってもらって、のびのび過ごし、静養しながら、受胎する子もいるようですが
このあたりは、なかなかそういった環境を提供してあげることができずに、

結局のところ、セリにかけられてしまいます

ホメオパシーにも、子宮関係、婦人科系のレメディというのは、たくさんありますが

この間から、父が、数頭の子宮内洗浄を獣医さんに頼もうとしていたので

一応、その前に、やるだけやってみようと
カンサリス(スペイン甲虫からできるレメディ)200Cのレメディを水ポテンシーで投与しておいてみました

ダメなら獣医さんに頼むしかありません

カンサリスは生殖器系、子宮や卵巣に親和性があるようなので、使ってみたのです
ちょっと白っぽい濁った粘液というのも、考慮に入れました

すると、その中の1頭天照之母さんは、上手く粘液が透明のものがスーっと出たようなので
無事種付けすることができました

その後、出血もみられた為、無事に排卵もできたようです

あとは、これが1回でついてくれるよう(受精してくれるよう)天に祈るのみです

去年は、粘膜の濁りに関して、カンサリスのレメディを考慮に入れることはありませんでした
他に、サビナとか、コーロファイラムとか、、、、そのあたりをやっていたのですが芳しくはありませんでした

残りの気になる子はどうなるでしょうかね?

まだ発情は確認できていないので、今後も観察は続きます

繁殖農家は妊娠、出産がお仕事なのですから、牛の産婦人科助産施設のようなものですね
とても、深いです

その都度、似ているようでいて、まったくそのプロセスが個体によって違うので、
それに照準を合わせてビシッとやれる人はやっぱりスゴイと思います

ワタシは、まだまだですわ(汗)

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する