再生と復興

制限解除となった事で、昨日、町内の議員の方がお話を伺いに来られましたが

被害に遭われた方を含め、結局は、数カ月経っても、厳しい状況は何も変わらない状態です

私達の地域は牛は無事ですが、もう5カ月になろうかという程、収入は途絶えています・・・

その間、わずか2万円弱でしょうか、そのくらいの手当てしかありませんでした
宮崎県内であっても、義援金は私達のところまでは今のところ届きません

セリ市がストップした為に、仮払いで20万円ほど、出されましたが
これは返さないといけないお金です

はっきり言って、助かりはしたが、このまま先で行き詰まりでは???と思わせるような状況です

経済的という意味では、もうヤバい状態です

みな、そういう真っ暗闇に近い状況ではあるものの、希望だけが残っており、
未来を少しでも、夢見つつ、頑張ってやっているのです

ニュースでは支援の事が最初から言われていますが、
ハッキリ言って、何もここには届いておりません

どういう風になっているのか、今後セリ市でも再開されながら、
何らかのアクションでもあるのか分かりませんが

現在のところ、放置され続けたまま、今日まできました

議員さんとも、この話で終始しました

町の行政資金状態等も、切迫していることも聞きました

だから、適切な援助も難しい状態と

いったい、ぜんたい、このままどうなるのでしょうか???

一事が万事、うやむやな状態で事だけが過ぎ去ってきました

そして、今も、そうやって過ぎつつあります

支援、援助、再生と復興と繰り返し言われていても、
このままでは、単なる多重債務に陥り返済できない行く末しかないのでは・・・・とも思えます

セリ市が開催され、安値取引ということになると、
これまた拍車がかかります

国も、こういった状況をどう捉えられているのか・・・・

私達農家は、国におんぶに抱っこしてもらおうと思っている訳ではないんです

でも、もう限界ではないでしょうか?

そもそも、口蹄疫前に、既に各農家は行き詰まりつつあったのです

そこで、この口蹄疫の嵐ですから、身動きがとれない状態なんですよ

借金を借金で返済しはじめたら、危ないんです・・・・

この数年、度重なる経済の波に何度も飲まれそうになりながら、個人でも努力して踏ん張って立ってきたのです

そんな中に、ウィルスの波まで襲ってきて、どうでしょう・・・
自力も限界にきてるんじゃないでしょうか・・・

とにかく、これからも、よい方法を模索しつつ、再生と復興を言葉だけじゃなくって
現実に果たさないといけないんですよ

そうでないと、犠牲になった子達、犠牲になった人が浮かばれないです

その為に、一致団結して、頑張っていきたいところです

まぁ、アタシもこうやって、畜産に関わるようになって、
思った事を議員さんや県庁などにも少しでも伝えれるようになっただけでも良かったとは思っています

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします

コチラは川南町で酪農をやっておられるムッチーさん個人で募金窓口を開設されています↓

川南町のムッチー牧場だよ~ん。


県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします

見つけちゃったよ、てんとう虫 ポチっとよろしくありがとうです☆
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する