最近の・・・・

ただ単にそれがいいとか、そういうことでは何においても、ないと思うのだけれど

百聞は一見に如かず・・・

動物は嘘はつかないし、嘘は、つけない・・・・

人間のように言葉をしゃべれないので、自分を表現するのは我が身1つだ

人間は言葉を操り、良くも悪くもどうとでも言うし、
また、良くも悪くも、自分の認識や世界観、持って生まれた存在性から、

どうとでも話をつくってしまう存在です

この4枚の写真の母牛は、まったくホメオパシーなどが入らなくて育った母牛達
目や雰囲気がまだまだ怖いし、実際に気性も荒いです

りかちゃんの母キャッシー

淀殿 みつよさん

↓これから先が少しずつホメオパシーが入って育った牛さん達です

みなそれぞれにユニークで、自分らしく生きており、優しい気持ちの子が多い

上から順に我が家でホメオパシー歴一代目で育った子達

おねえちゃんりかちゃんの


きょうこさんの横顔
あまてらす

↓この子のみ、ホメオパシー歴二代目の子牛

まだ二代目の子は1頭のみしか我が家で産まれておりません

アトムその1


この我が家の牛舎での、「変化」を数年の間、見てきて、疑う余地もなく・・・
獣医さんへの下痢などを主とする往診の回数は劇的に減りました

牛の現場は市場、セリをもつ為、現実世界、実力社会です

自分自身の世界で、素晴らしがっていても通用する訳ではないです

全国から多くの牛が集まり、多くの人間が、目利きをきかせ、この子達が肉になるまで関わることになります

そして最後に「割る」、この子達は命を終え、身体をさばかれるのです

全てのことが身体の芯から、あからさまになります

そこでの結果も含めて、二重の意味で信頼できるものとなったと思います

もの言わぬ、この子達の目とオーラがいったい何を語っているだろうか、感じてもらいたいです

たぶん、昨今取り上げられているような論調はこれからも、続くと思います

その中にあっても、ワタシは、この子達が、自身の「生死」、それこそ一生涯をかけて、

肉となっても、懸命に伝えてくれたものを、受け取ってあげたいと思います

JA宮崎県のホームページです↓クリックしてください

JA宮崎口蹄疫署名

コチラで口蹄疫署名活動を行っています
署名用紙をダウンロードしてください

お知り合いやご家族、会社のみなさんにも良かったらご協力等お願いします

募金は無理でも、署名ならという方もおられると思うので、リンクしました

どうぞよろしくお願いします


宮崎の募金窓口の1つです、県には、ここからも入れられるということらしいので↓


ふるさと宮崎応援サイト

リンク貼っておきます

今みなさんの助けや支援が必要です
再生には時間がかかります、今後とも、宮崎県の応援をよろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

パッと見ただけでもわかりますね(*´ω`*)*:.。

ホメオパシーを取り入れてからの牛さんたちのお顔には
それぞれに本当に個性がありますね。
とても優しく表情豊かでみんなそれぞれに違うけれども、
みんなみんな愛らしいです(●´ω`●)ゞ
orengewoodさんのところの牛さんたちは、
おめめでもいっぱいおしゃべりしています~♪

わたしは実を言うと、お肉を食べられません。
味がキライではなくむしろ和牛さんなんてとても美味しくて
大大大好きなのですが、ある日を境に突然、
ほとんど食べられなくなってしまいました(p´I `;*)

それでも、わたしは牛さんという生き物がすごく好きです。
とても魅力的な存在です。こちらの牛さんは愛らしくて、
本当に可愛いなと思います。目がたまらなく愛らしいです。

話がそれてしまいました!ごめんなさいです~!!

うちも、愛犬は間違いなくホメオパシーで変わりました。
本来のこの子はこんな子だったのだなぁって申し訳ないことを
ずっとしていたなぁと反省しました。
それにやっぱり!うちも同じくお医者さん通いはなくなりました。
以前はよく獣医さんに通っていたのですが、ホメオパシーなどの
ここ数年、自然療法ほぼ完璧に切り替えてからというもの
まったくお世話になっていません~ヾ(*´∀`*)ノ
愛犬は老犬となり普通なら病院通いが増えるはずなのにです。
西洋獣医学を否定はしませんが愛犬の明らかな変化を見ると、
ホメオパシーのおかげ、そう強く感じさせられるのです。

これからきっと、長らく「善か?悪か?」というホメオパシーについての
世の中の議論は続くと思います、風当たりは益々強くなると思います。
ですがわたしはorengewoodさんが「牛さんたちが教えてくれたことを受取りい」
そう仰るように、愛犬が身をもって教えてくれたこととわたしや家族が体感した事。
これらを謙虚な気持ちで受け取り信頼し感謝したいなぁと感じています。

「牛さんにこんなレメディをあげてこうなったよ~」という記事、
ほんとうに興味深いです。面白くて、そして勉強になります~!
これからもぜひ教えてください、楽しみにしています~ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ♪

ふと思ったのですが。。。まったく同じとは言いませんが、
フラワーレメディもある意味エネルギーのモノです。
わたしはどちらも好きで、どちらも使っています~(●´ω`●)ゞ
それなのに、一方だけ世間で叩かれることが不思議でなりません。
ここに意図的なナにかを感じてしまうのはわたしだけでしょうか?
わたしは予防接種のことなども関係あるように思えてならないのです。
orengewoodさんは疑問やら何か感じられませんか・・・?

2010/08/26 (Thu) 09:28 | さき #/pdu0RA. | URL | 編集
さきさんへ

さきさん、コメントどうもありがとうございます~♪

我が家の子達も、お褒めの言葉をいただき、みんな喜んでいると思いますョ

この子達は全身から何かを語ってくれていると思いますし、
目を見るだけでも伝わってくるものがあるように思います

さきさん、そういえば過去にワタシも肉を食べれなかった時期というのがありますよ・・・

牛さんは、ワタシも大好きですね~
さきさんと一緒で、生きものは何でも好きです

魅力もあり愛嬌もあり、全部がいいです
かわいいですね~、今後も成長日記を綴っていきたいと思います

きっとホメオパシーについては、今後も色々と、尽きないと思いますが、

さきさんのワンコちゃんの変化のように、
身近に体感された方は、その意味を受け取って、
学びを進めながら大事にしていかれるものだと思います

いち愛用者としては、今後も静観というか、成り行きを見守るしかないと思いますが、

そうですね・・・さきさんの感じられているところが、
水面下というか、根底にまったくないのか、それとも実はあるのか、
なんとも言えないところですが、難しいところですよね・・・

今後も宮崎2010口蹄疫問題のいまだ見えない闇と同じぐらい深い話なのかもしれません

2010/08/26 (Thu) 15:46 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する