太陽と月の成長

毎月20日は宮崎県口蹄疫防疫の日です

天国の忠富士父さん見ていますか?

少しずつ黒い影の気配が水面下では近づいていたと思われる

4月16日同じ日に産まれた忠富士の2頭の子牛
ほんのわずかな時間差で同じ頃産まれた子牛達です

向かって左が牛乳はるやまクン
向かって右がうづうづふじやまクンです

小さい頃は、お乳を飲めているのか心配したり、ハクリにかかったりもしました

末裔ハエさんといっしょ

太陽と月のような性質の2頭の子牛

忠富士父さんの息子達は、こんなに大きくなりましたよ

牛乳はるやまくんふじやまくんその後

左は、はるやまクン(忠富士×上福)
右が、ふじやまクンです(忠富士×日向国)

右は少し前の頃の写真なので、ちょっと小さく見えるかもしれませんが

2頭はほぼ同じような体高と成長で、知らない人が見るとまるで実の双子のようです

2人は(いや2頭・・・)、双子のように、穏やかに、成長していきました

今も並んで一緒にいます

亡くなった忠富士によく似た子牛です

牛乳はるやまクンの方は、ワタシの膝で、角突きの練習を繰り返しやっていた子です

膝を貸してくれ?と必ず駆け寄ってくるので、フン掃除をしながら、膝で特訓をしていたのです
将来、闘牛にでもなるつもりだったのでしょうか?

かたや、うづうづふじやまクンは、うづくまって動かない阿寒湖のま・り・ものような子牛でした

日向ぼっこが趣味で、時々、みんなの挑発にのってピョンピョンするような子で、
そのおどけたような動きが、なんともいえない親しみ感が湧くような子でした

2頭とも、頭を撫でられるのが、とても心地良いのか、座ったまま、目をつぶり
頭をなげやり、満足気によしよしされていました

どちらも、とってもかわいい2頭です

忠富士父さん、息子達は日々立派に成長していますよ
これからも、どうか天国でこの子達の成長を見守っていてください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する