八方塞な1年

ワタシは八白土星産まれなのですが

八白土星は今年、八方ふさがりだったのですよね・・・・
大凶です

今年の運勢を見ると、

今年は1年を通して、精神面も物事も安定しません
また、物事を進めようとしても、なかなか進まず八方塞がりなりやすい時期ですので
今年は堅実に保守的に過ごすのが良いでしょう

ただし、ごくまれに1000人に1人ほど、大当たりする人もいますが

あくまでも、基本的には大凶ですので・・・・云々とありました

何をやっても上手くいかないのが今年だとありました

まぁ、見事に当たったと思います

年明けして、春先早々の口蹄疫

弟が亡くなって以来の、第二波が南の向こうからやってきていました

子牛は2頭も子宮捻転になり死産
(牛が亡くなったのは、誰かの難をからって死んだんだよと獣医さんからも言われたけど)

父は牛が次々と処分される中、鬱気味になり
(・・・・というか我が家でなくとも、牛飼い全体的に、みな躁鬱状態となっていたと思う)

そして、最中に母の脳内腫瘍騒動・・・・

orengewoodさんの春まであった50うんキロの体重がみるみるうちに、消費され7㎏痩せました

ちなみに熱心に取り組んでいたホメオパシーの事も問題として持ちあがったりと

う~ん、ジェットコースターな1年でしたね・・・

安定?確かに無かったですね・・・

我が家は家族4人中、実に3人(父と母とワタシ)が大凶か凶の年でした

両親は今年が還暦のお祝いの年だった訳ですが、
口蹄疫騒動で、それどころではありませんでしたし

ほんとね、星の影響は決して馬鹿にはできんですよ
みなさんも、もし、そういう年にあたったら、充分に気をつけられ方が良いですよ

暦上は大凶の年ではあったのですが、学びも大きかったということでしょうか?

ワタシの場合は、
数年前に弟が亡くなった衝撃波が大きかったせいか、

少しは備えがあったような気がしないでもないけど・・・
(大きい波があると、それが後から来る波を飲みこむ?)

一応牛さん達は、厳しい年だったけれど、頑張って、前進してくれたように思います

また牛さんに救われることになった我が家・・・

弟が亡くなった年もそうだった

まったくの予想外の高値購買が続き
(だって、それ以前は我が家の牛が高い訳ではなかったのだから・・・)

そのことが、我が家一縷の望みと希望の光をもたらした

あれも不思議だった・・・

まただ・・・・

また牛の神様が降りてきた
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する