松子姫の12月

小さい頃、伸び伸びと寝ていたフォスフォラスお転婆松子姫も・・・

2まつこひめ

こんな風に成長しておりまする

松子姫12月

姫も一緒に市前の予防接種ということで、お尻を洗いました
(写真はまだ洗いざらしで、毛並みを整えてはいません、爪切りもまだです)

技術員さんや獣医さんが来られて、注射の際にまず町の品評会の出品が決まります

だいぶ背線も決まってはきたと思いますし、深みもあるとは思うのですが、
やはり郡は難しい牛と思います

父は常々、「うちは繁殖農家なのだから、品評会で賞取りの牛をつくっている訳ではない」と
口癖のように言っており

だからこれぐらいで、いいんだ・・・と一人で納得しているようです

私達の郡内は山間ということもあり
その閉鎖性からか、牛に対する熱心さが凄いので、あまり大声でいうと、
おじさん方からやかましく言われるので、この話は、小声で・・・お願いします・・・(苦笑)

ちょいちょいおっちゃん達から、影でハッパをかけられるのですよ、、、、(汗)

我が家で繁殖母体、母牛として、松子姫には頑張ってもらいたいと思っています

牛の世界も色々あって、うちはどっちかというと、裏街道というか、
マニアの方向けの繁殖農家だと思うのですよね

なにしろ飼い主がオッタキーですから、父も娘もね

(頑固一徹動かないカルカーブのオタク分類ですから~)←分かる人には分かるフレーズかなぁ(笑)

PS 松子姫は町の品評会に出品が決まりました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する