明けましておめでとうございます



みなさま方、遅ればせながら新年あけましておめでとうございます

orengewoodさん、実は、新年早々インフルエンザ様の発熱性感染症にかかってしまったのですが

ホメオパシーのレメディの投与によって、すぐさま、克服してしまいました(苦笑)

1日寝ている間も、牛舎の事が気になって気になって(大袈裟か・・・)

牛を見ると、脳内モルヒネが出るという・・・・

ランナーズハイならぬ、牛飼いーズハイ!?状態、もしかして、牛中毒かもしれません・・・・

我が家は年末から父も祖母も、風邪で寝込んでおり、
年越しの日から元旦は生後まもないシエルがハクリ気味と

しかし、外は大雪で往診も頼めず、どうする・・・という感じでしたが

またも、ホメオのおかげもあって、なんとかクリアいたしました

今回のレメディの覚書きについては、次回以降に書こうと思います

さて、今年も引き続き再生への道が続いている宮崎県

プロジェクトXといえば、何度も波にのまれ、打ちのめされながらも、
困難な中、決して希望を捨てずに、成長を続け、未来を築き、繋ぐ物語でした

去年、口蹄疫という災禍の為、
城である事業団は炎上し、逃げ延びた王子の1頭も山中で無念の死を遂げました
そして、畜産の盛んだった、城下もまた犠牲になるしかありませんでした

もう宮崎の牛は終わりバイ・・・・
父の口癖でした

でも、希望だけは、箱の底に・・・
暗闇の中に差しこむ一筋の光のように残っていました

生き残った大虎の5頭「福之国」「勝平正」「美穂国」「秀菊安」「安重守」
そして若虎の候補種牛の16頭

さらに龍の子は、いずれかのお宅の母牛の中で、今はまだ、眠っており

鷹の子は、大空から、どこのお宅のどの母牛に舞い降りようかと思案中です

そして、事業団で亡くなった、生きて牛の神様と呼ばれた王「安平」が

きっと天から見守ってくれているハズです

ハッキリ言って、不安は多いですが、宮崎の牛は再生の道を1歩1歩あゆみだしました

宮崎の牛、宮崎牛ギルド、
ほんと宮崎には黒毛の世界では屈指の職人魂をもたれた方達がたくさんおられると思いました

美しい牛として、その技術で牛を芸術の域にまで高め、そして中身にも拘り、愛情をもって慈しむ
これは日本でしか、なしえない牛のつくり方だと思います

つばめよ、高い空から教えてよ地上の星よ

この歌は、目立たずとも、地道に歩む1人1人の人達への応援歌だとどこかで読んだことがあります

宮崎の畜産農家はみな地上の星

そして、牛さんも豚さんも地上の星
応援してくださっている方々も、地上の星です

これからも、物語は織り糸のように、思いがけない展開とドラマをもちつつ
それぞれが、絡まりながら、いかようにか続いていくのだろうと思います

月並みではありますが、本年も宮崎県をそして牛さんも豚さんも、どうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/06 (Thu) 10:33 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/01/06 (Thu) 18:55 | # | | 編集
キーコメさんへ

キーコメさん、明けましておめでとうございます☆
年が明けても、おかれている現状は厳しい事にはかわりないと思いますが、
「日本の牛飼い魂」をもって、この難局を乗り切りたいところです

それと中島みゆきの歌もまた魂に響くものが多いですよね。。。
確かに色々と心根の部分で、それぞれが、
共鳴が難しい部分もあると思うのですが、それでも地球は1つということで

巡っていけばそれが、何かしらのカタチになるのかもしれません

日々を地道に築いていけば、先には未来があると思います

弱さを受け入れ(受容し)、認めていきさえすれば(寛容に)、
きっと、得るものが多いと思います

今年もどうぞよろしくお願いします!

2011/01/07 (Fri) 13:44 | orengewood #- | URL | 編集
再びキーコメさんへ

あぁ~、また付け加え忘れております(苦笑)

なんと!ラッキーセブンという幸運の数字を手にされるとは。。。

きっと牛の神様のご加護がありますよ
いつも、応援ありがとうございます~♪

2011/01/07 (Fri) 16:19 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する