みらいちゃんの手術

みらいちゃんの膝を手術

みらいちゃんの膝の手術は、我が家において、無事に終わりましたが

しかし、今後、どうなるかは、よく分からない状態です

数日後に包帯を取るそうなのですが、その結果次第では、

獣医の先生のお宅にて、預かってもらい、
面倒を見ていただくことになり、再び今回よりも、大きい手術をされるようでした

やっぱり、牛さんの前足の膝は、致命的ですね・・・・
(どうしても前足を折り曲げて座ることが、処置後、様々な悪影響を及ぼしてしまう・・・)

手術の際には、たまった水と共に化膿した部分も出てきました
おそらく、注射器で水を抜いた際に、そこから細菌が入って炎症を起こしていたのでしょう

さらに、その患部の周りは皮が肥厚し、大きく膨らんでいます

水が溜まっていた部分には、コールタールのような薬剤を詰め、それによって、
水を溜まるのを防ぐ意図があるようでした

今回のホメオパシーのレメディの投与ですが

手術前には、アーニカ200C(ウサギ菊からできるレメディ)と、
エマージェンシースプレーの水ポテンシーを与えておき

手術後には、麻酔でフラフラして、ボーっとして、ぐったり
若干の吐き戻しもして、苦しそうだったので

ホメオパシージャパンさんから出ている、「サポートMas」を水ポテンシーにして投与

その後はリーダム30C(西洋ローズマリーからできるレメディ)と
パイロジェン30C(牛肉等の腐ったものからできるレメディ)の投与をしました

リーダムと、パイロジェンは、手術の傷と、化膿の事を考えての投与です

サポートMasを術後に与えておくと、
たいてい、麻酔手術後特有の、フラフラ感などからは順調に回復します

術後、1~2時間で回復し、餌もモリモリ食べていました

みらいちゃんは、元気は百倍ぐらいあるのですけどね~

この膝の問題さえなければ・・・・と悔やまれます

この子には、申し訳ない気持ちでいっぱいです

東北関東大震災への支援→東北関東大震災募金窓口
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する