天と地と




ホメオパシーを勉強していると
ロードオブザリングやハリーポッターのお話の中にあるエッセンスは
ホメオパシーからヒントを得ているんじゃないかな~とつくづく思うのですが

特にハリーポッターは、とても子供たちにも人気でしたから
子供たちはホメオパシーのことを知らなくっても
そのエッセンスをこれらの本や映画から多少なりとも受け取ったかもしれません

映画を見た人は知っていると思うけど
ハリーポッターの最初の映画に出てきたマンドレーク
引っこ抜かれると叫ぶ植物の植え方が出てきましたよね

ハリー達は先生からこの植物の植え方でしたか?
それを魔法学校で習ってましたよね

あのマンドレークはホメオパシーのレメディにも使われています

どういう時に使うレメディかというと
精神的もしくは肉体的に激しい出来事が起こった後の疾患に使われるレメディです

とても大切なレメディとして使われています

さてこの動画にも端々に出てくる言葉

未来を知るために過去を知る・・・
(未来は度々過去の延長線上であるということ・・・)

ヘビ・・・
(なぜヘビはそそのかしと賢さのシンボルとして出てくるのか)

このあたりもとてもホメオパシー的ですね~

ヘビはあらゆるところに紋章としても出てきます
医学の象徴ヒポクラテスの杖にヘビのマーク
古代エジプトの王家の冠にもコブラ

どうしてヘビが重要だったんでしょう?

不思議ですが・・・

ヘビは地を這いずるもの

そして天には鳥

来年の大河は天地人(あっ、これは別に関係ないですかね)

天を舞うものの象徴といえば鷹か鷲かしら

地を這いずるものヘビ

空を超え地の底まで自分の視点をもっていったらどうでしょう

天空から見た人間

ぐぐっーと引っ張っていって、地の底から見た人間

そして地球の底から地球を見れば火山の動きや
いつ地震が起こるのかも分かるでしょう

どちらもとてもよく人間が見えると思うんですよ

毎日何をして過ごしているのか
どこに行っているのかどんな物を食べているのか
それを続ければどんなことになるのか
どんな行動パターンをもっているのか
どういう性格か何をどうやっているのか

隠しだてなくよく見えるのが天と地からです
私達は天と地だけには嘘をつけないですよね

色々心で作為にみちたって、ありのままが見えているのだから
(そしてそういう素直な日々が逆にホメオパシーにとっては大事です)

鷹は蛇を狙うことができます
ヘビは人間を噛むことができます
人間は鷹を狙うことができます

全ては循環しているのかもしれません

光と闇善と悪全てが入り混じっています

万物は素直なる表現者であるということ

そこがホメオパシーの原点なんでしょうかね・・・

人気ブログランキングへ←こちらもポチっとありがとうです!!

スポンサーサイト

コメント

ロードオブザリングもハリーポッターも観たことがないので
今度観てみようと思っていたんですが
こちらの記事を読んでますます観たくなりました。

言われてみるととても単純なことなのに
フライパンで頭を叩かれたぐらいの衝撃(笑)を受けるのは何故なんでしょうかね。
いかに普段何も考えずに生活してるかというのがわかりますね。

「万物は素直なる表現者であるということ」

この言葉にすごく感動しました。

2008/12/18 (Thu) 02:31 | UCHICA #Azmhc80M | URL | 編集
UCHICAさんへ

ワタシもシリーズ全部を見てはないのですが
ロードオブザは1本だけカットなし
特別バージョン数時間のものを
映画館に観に行きました

ファミコンのドラゴンクエストが好きだったので
どちらの物語も興味津々でした
・・・で見た瞬間、
これホメオパシー?と思っちゃいました

ホメオパシーにくると
ほんとにフライパンで叩かれるようなことの
連続なんですが
(これは、本当にいい表現ですね~
まさにその通りなんですもの・・・)
自分もいかに単純なことに気づかず生きてきたの
だろう・・・とつくづく思いました

万物は素直なる表現者
ここに感動してくれるなんて、とってもうれしいです☆

2008/12/18 (Thu) 12:15 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する