過去、現在、未来へと続く道

今から4年前

最近になって今から数年前、おそらくは4年前あたりの子牛の写真が2枚出てきた

この写真は、親戚の子が遊びで撮っていたものを、くれたものだ

弟が亡くなって、実家に帰ったワタシは、
子牛を写真に撮るような気持ちの余裕は一切なかった

その為、昔の子達の写真が残念ながら手元にはないだけに
貴重なショットといえる

撮ってくれていて、良かった

今の子達と比べると、随分違う・・・

この時は、まだアロマセラピーの芳香浴ぐらいの取り組みではなかったかと思う

子牛なので、かわいいのだけれど
でも、今の子達にあるようなキラキラ感や生き生き感はこの写真からは、なんとなく窺いにくい

ただ牛小屋で、牛を飼っているというような感じがする

表情も乏しい

その後、我が家では、アロマセラピーの芳香浴に続き、
フラワーレメディ、ホメオパシー、シェスラー塩と取り入れることになるのだが

やはり、この子達の変化は写真で見比べるだけでも、
よく分かるな~と、改めて、思う

ずっと前から、我が家は牛を飼っているけど、
幼い頃からともにいたパートナーが非常に魅力的だと思って、

感じいることはなかったように思う

我が家に訪れる人達も、我が家の牛に特別の関心を示したこともなかったように思う

子牛が、かわいいとか言われた事すらも無いと思う

・・・・というか、そりゃそうだよな~と思う・・・・

未来は現在という日の「取り組み」=「小さな1歩1歩の積み重ね」で大きく変わるということが
この子達を見ても分かった

(ローマの道は1日にしてならず…のたとえのように)

この子達の、この数年の変化を、間近で体感し、目の当たりにできた事は、
自分自身にとっても人生という意味において、本当に貴重な日々でもあった

この子達には、心から感謝したいと思う

PS さっき鶏小屋から断末魔の叫び声が聞こえていた
うちの父が赤にわとり(朝焼けめんどり~ず)は、もういらないから・・・といって頼んでいたよう

知らなかった

せめて、玄関コッコちゃんだけは、連れていってほしくなかった・・・
スポンサーサイト

コメント

めんどり~ず

いなくなってしまったんですか?
なんだか残念・・・

よく考えると私も牛さんたちと同じような道をたどってきました。
ということは5年前の私と今の私は雲泥の差があるんだろうか?
写真を撮っていないのでわからないんですけれど
人の話をさえぎるくらいしゃべるようにはなったと思います。
親しい人だけですよ!
子供たちの変化はわかるんですけど
自分の変化はわかんないですね~!
ただ太った事くらいで(なんと5キロも)
今までダイエットなんて考えたことなかったんですけど
最近、この太もも・二の腕・お尻はまずいだろ・・・

2011/05/09 (Mon) 09:24 | ももまん #- | URL | 編集
ももまんさんへ

そうなんです、
赤にわとりさん達はいなくなってしまいました(悲)

我が家に残っているのは、モダンブリモシ~ズだけになりました

自然療法を取り入れて、見違えるほどに、
この子達は変化してきたと思います

子供達の変化の方が圧倒的に分かりますよね

それに比べると、
大人の方が分かりにくいかもしれないですね・・・

むしろ、目に見えてというよりも、物の捉え方、生き方の方に現れやすい気がします

ワタシもホメオパシー治療後放熱した後は、
よく太りましたが、最近は、また痩せましたかね

リンゴ酢飲んでるからでしょうかね(笑)

2011/05/09 (Mon) 13:44 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する