ネイチミュアの悲しみ

輝き2011ちゃん

かがやき2011ちゃん

彼女はフォスフォラス(リンからできるレメディタイプ)といよりむしろ、
ネイチミュア(塩からできるレメディタイプ)のような気がしてきました

やっぱり、やんちゃ姫というよりおすまし姫ですからね~

最初はこの感じはフォスかな・・・と思ったのですが

・・・・にしては、輝き方がフォスと比べると、それほどでもないような

むしろ、輝きが渇いている、落ち着いている感じがする・・・・

1人で部屋を堪能し、身ぎれいにしていて、心配のいらない子といえば

やはりネイチミュアの要素が大きい

ネイチュミュアは食欲は旺盛にもかかわらず痩せていて青白い感じがし、

おもに女性に多いと言われているレメディタイプ
(ミュアは、母を現している・・・)

年齢以上に賢く見え、身ぎれいで、1人を好む
(1人を好むのは、外界との壁を作る為、

しかし、壁をつくりながらも、
内面では分かる人だけに、非常に自身を理解してくれていることを切望している)

かがやき2011ちゃんは

小さく産まれはしましたが、なんでも1人で解決していく子で、心配することのない子です

脱走癖もあるにはあるのでしょうが、自分の身をキチンとわきまえていて、それをやりません
(フォスだと、これをすかさず、実行するのですよね・・・・)

ちゃんと、分かっているんですね・・・・

ネイチミュアは
深い悲しみを背負って、
過去に泣く事なく耐えてきたような経験を経てきているような場合にも考えられるレメディの1つ

今回の震災、特に海岸部付近、津波、地震、放射線問題と続いており

特にネイチミュアとなりやすい状態

みなしっかりして、その場の災難に耐え、
その反面、心の中には、苦しみや悲しみを閉じ込めるようにならざるおえない状況
(現段階で、いやがうえにも、そうしなければならないような状況をつくられてしまっている)

もともと、日本人の性質はネイチミュアの要素は強く
海に囲まれた島国に住んでいる為
(体質的にも、塩分を非常に好む)

しっかりとその場を立ち居ふるまうけれども、

いいようのない悲しみ苦しみは心の中に実はたくさん溢れていて閉じ込められることになり

時間の経過と共に、心身共に「深い症状」を呈するようになるのがネイチミュアの特徴
スポンサーサイト

コメント

ぎょぎょ!!

ネイチュミュアは食欲は旺盛にもかかわらず痩せていて青白い感じがし

これまさに我が娘・・・(汗)
生まれる間際(10ヶ月)に爺ちゃん(私の父)が亡くなりました。
それはそれは娘に会えることを楽しみにしていました。
生まれてからしゃべり始める頃
「大きなのっぽの古時計~♪」
この歌が流れるたび
「じーちゃんがちんだ!!」と繰り返し言いながら泣いていました。

まさにぴったりはまります・・・
わたしもついでに当てはまります(汗)
島国の中の島で育ちましたし
そうなのかもしれません・・・

2011/05/22 (Sun) 20:11 | ももまん #- | URL | 編集
ももまんさんへ

ももまんさん、そうでしたか・・・
娘さんもお腹の中で、ちゃんとおじいちゃんの死を認識していて、とても悲しかったのですね・・・

娘さんの事、おじいちゃんが見守っていると思います

ネイチミュア、ワタシも書きながら
あぁ、随分あてはまっているかもしれない・・・と思いました

自身が、ミュアのつくジンカムミュア(塩化亜鉛からできるレメディ)がヒットするのも、
そのせいかもしれません

経験は人それぞれですが、深い悲しみを背負って生きるという事は共通の側面で、
この悲しみが、秘められたまま、心身に深く刻み込まれてしまいます

深いレメディだと思います

2011/05/23 (Mon) 13:19 | orengewood #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する